【上原留華】なんだか・・ – 幕末月華伝 くノ一拷問凌●

本編はこちらから

裸体がいっぱい

アップ映像だらけのAVが蔓延している昨今、女性の裸体を純粋に楽しめる作品は意外と少ない。

その点、このメーカーの作品は裸体がいっぱい出てくるし、映し方もうまい。

SM好きの人でなくとも、楽しめると思う。

捕まえたくノ一をSM拷問

くノ一のSM物作品としては最高作だと思います。

途中、Hシーン以外のセリフが棒読みになっている感じは残念ですが、3人の女優とも超可愛いです。

石責め、蝋攻め、そして、最後の木馬攻めは興奮ものです。

3人のくノ一を個別に責める3部構成って感じす。

「SM」又は「くの一」ファンにとっては、永久保存版として持って置きたい作品です。

設定生かしきれず

くの一の設定を生かしきれずエロさ↓。

女優は3人共イイ女なのに…。

もったいない競演でした。

幕末月華伝 くノ一拷問凌●

SMのパターンが同じでつまらない。こういうシリーズとしてはましな方なのかな—?

普通に良く出来ていた。

幕末の時代にこのような忍びが存在していたとは、全く思わないけれど、衣装の薄っぺらさとは逆にドラマとしては良く出来ていたと思う。

登場人物のセリフもなかなか的を得ていたし、制作者の意気込みが感じられる作品でした。

拷問が普通すぎた

アダルトのくノ一にする拷問にしては、普通過ぎた。

もっと、奇抜でエロっぽい責め道具を作って、使えば良いのに・・・

損した。

乱田舞主演の学芸会といったところ。

女優より男優の出演場面のほうが多く、女優は3人とも同じように新味のない当たり前のフェラと本番が続くがちっともエロくない。

前編後編とも早送りで終わった。

乱田舞が出てると分かってたら絶対借りないのだがうかつだった。

損した。

上原留華の拷問凌●シーンが最高

他の2人にはイマイチ興味がわかないが、上原留華の迫真の演技は素晴らしかった。

ロリ系美少女なのにこれだけハードな一連の責めに耐えたというのも偉い。

犯●れながら悪態をつき、中田氏された後は悔しそうに身を震わせて「おのれ・・・!」とつぶやく。

三角木馬に乗せられて絶叫するシーンはほんとにマ○コ裂けちゃいそうで激しく興奮した。

一瞬のスキをついて反撃するシーンでも手甲だけを身につけた素っ裸で刀を奪って戦うのがエロく、首領との対決に敗れて息絶えるという最期も非常に無残で良かった。

エロ時代劇というのは現代劇では表現できない悲惨さ・残酷さがないとダメなんだと思う。

拷問シーンに重きを置くファンがシリーズ最高作に挙げるのも頷ける出来。

アタッカーズ最高傑作

ストーリー、演技、拷問、凌●と全てのレベルが最高峰に高い、私的アタッカーズ最高傑作です。

色々突っ込みどころはあるかもしれませんが、AVとしてはかなり頑張ってる。

「拷問を受け苦しみながら逆転を諦めていないヒロイン」の図式が好きな人には、上原留華さんの拷問の一連の流れはまさに神に等しいのではないでしょうか。

Hシーンだけを求める人にはお勧めできませんが、物語性やキャラ立ちからなる重厚な拷問凌●を期待する人は是非。

珍しく時代劇だが。

珍しく時代劇仕立てだか、いつもの乱田式に、三人の女を一人づつ責める。

そしてその責めはハードだが、いつもと同じパターンの繰り返しで、折角の時代劇なのに、野外での責めや、磔などはない。

ファックシーンはあっても、あまり色気はない。

  75点

月のしずくさんの表情が◎!

月のしずくさんの気の強い男勝りな演技はこれからのくの一のお手本としていただきたいものです。

気の強いくの一が最初は抵抗しまくるが、力でねじ伏せられておかされるという描写が非常にエロいので。

衣装面においても網ストッキングではなく、生足にわらじスタイルというのがリアル忍者っぽくて好感が持てます!あとは陵●内容に拘って欲しい。

特に衣装をあまり脱がさずに大股開きにさせての全身を舐める行為が重要なんで取り入れていった欲しいです。

あと攻める男優は40~50歳代のメタボなエロ爺にして欲しいです。

工夫が必要

もっとエロい責めを期待していたのだが、期待はずれで残念。

画面が暗いのは設定上仕方ないのかもしれないが、責めが単調で退屈になってしまった。

よく作ってはいますが

時代劇仕立てでAVとしてはよく作りこんでいるのはわかりますが、その分ドラマとしてはやすっぽく、AVとしては余計な演技やセリフが邪魔になっています。

上原留華と月野しずくもSMには慣れているので、拷問シーンも本気度が少なめです。

本格的拷問

ストーリ重視で絡みはそれぞれ一回のみ。

紗月結花がとても可愛いので、絡み少ないのが残念。

購入して保存

しずくだけ

月野しずくのSEXシーンが、みどころ。

それ以外は、なんだかよく分からない。

Discが2枚も必要だったのだろうか。

月野しずくの表情がよかった。

本格的にドラマを作るゾという意欲がいい。

月野しずくちゃんへの拷問よかったなぁ。

でも、時代劇でも乱田さんはやることが同じなんだね。

せりふが

なかなかいい責めを見せてくれますが、せりふは学芸会以下。

本格的な時代劇を目指すなら、もうちょっとせりふの訓練をさせた方がいい。

女優はまだ我慢できても、男優まで学芸会では……。

くの一の格好で京の町中を歩くというのは、漫画にもなっていない。

ストーリーも責めもGood!

久しぶりに全編早送りなしで見ることができました。

責めもいろいろあり、本当に拷問を受けているかと感じさせる工夫が随所にありました。

女優の演技も良く、非常に満足しました。

欲を言えば連縛責めがあればなぁ、まぁこれは贅沢でしょうか?

月野しずくだけ

責めは同じようなことの繰り返しでつまらない、折角の緊縛も、変にアップが多く何の為の緊縛か。

それに特に男優の顔のアップなんか全く意味がない。

何を考えてビデオを作っているのだろうか?月野しずくは体もいいし、声もいい。

別々に責めるのであれば、この女優だけで良かったかも。

良くできているが、血のりは不要

時代劇風なので、乱田氏特有の1本鞭が出てこず、色んな責めが見られて良かったです。

乱田氏は、1本鞭の責めが長すぎ、それしかない作品が多いので、こういう作品の方がよいと思います。

責めが1人ずつだと不満に感じている方もおられますが、石抱きや三角木馬を複数でやっても各々の苦痛が伝わってこない気がします。

乱田氏にしては、一つの責めに執着しすぎない良い作品だと思いますが、血のりは邪魔です。

石抱き責めで、十露板によって血が出てくる出演がありましたが、血のりのせいで、後で足に残った十露板の跡を確かめることができません。

跡を見ることで、痛かったんだなと、実感することができるのですが・・・。

また、三角木馬での血のりも、多すぎます。

本来、血は少しずつ長い間出るのですが、ドバッと出て、すぐに止まります。

演出を狙ったのでしょうが、明らかに蛇足です。

それ以外は良かったと思います。

3000Kbpsの「忍-SHINOBI- 完全保存版」で観賞

このシリーズ、何作か見ているけど―折角、手間・ヒマかけて作ってあるけど、ドラマ部分がcheapすぎて、萎えます。

道具を使っての拷問シーンも、当然、フェイクだからなんかなあ、だし…。

もっと肉棒での責めのシーン、欲しかったです。

次作なんか、そこそこ、よかったけど、本作は…。

1点オマケの「3」です。

なんだか・・

演技もイマイチ。

抵抗している感じがどうしようもない。

あと、苦痛系が多いかなぁ・・・
本編はこちらから