【京野美麗】からみはいやらしいが – 妻の入院 通い義母 京野美麗

本編はこちらから

美麗さん、これ、いちいちエロ過ぎです!

ここ10日程、他の女優さんの作品ばかり見ておりましたが、何故か美麗さんの顔、裸とセックスが見たくなってしまい、この作品、もう一度見てみました。

いつものように1回目はただ抜くため、2回目はじっくりです。

これ、エロ場所満載で、どこで抜こうかとても迷いました。

前作「年の差夫婦」がセリフや展開が味のあるものだったけに、もう少し工夫が欲しかったですが、細かいところまで、しっかり作られていますね。

妻役は声だけでした。

一方、美麗さんの服が変わるのは楽しいです。

・何度も出てくる顔のアップ、ほんと綺麗です。

・黄色いシャツ+タイトなスカート、おっぱいのラインがはっきりと、そしてお尻のアップ、たまりません。

・チ〇ポが見えた時の美麗さんの顔・クンニされている時の顔のアップ(ほんと綺麗)・ブラが浮いて美乳首が見えた時のドアップ・おま〇こを開いただけでやらしい音って、これ、相当濡れてるでしょ!・濡れてる音、挿入する時はかなりしますね。

・赤い服もおっぱいのラインがやばい。

・ネグリジェ姿、全身が現れたとき、そしてショーツがズームアップされた時はマジでやばかった。

・そのショーツは生地が薄くて美麗さんのアンダーヘアがうっすらと。

・美麗さん、結構くびれがあるんだなーて。

・やはりベロキスは積極的だけど、ちょっと今回は舌が隠れていたかな。

・今回美麗さんの急角度な恥丘はあまり見えなかった。

全体的に、表情の変化がまだ不慣れで演技はもう少しか。

でも、セックス時の表情は多彩で巧いしすごい!挿れられて、目がいっちゃっている感じ、抜いた後の恍惚な感じ、最後は紅潮していますね。

私はオナニーシーンは関心がないのですが今回はしっかりと見てしまいました。

娘の旦那、こういち役中野秀祐さんは自然な演技でうまいですね。

ただ、フィニッシュ前、美麗さんに覆いかぶり過ぎで、美麗さんのおっぱいや結合部分が見えにくいのが難点。

男として気持ちは分かりますが、お願いします!友人の葉山役の瀧口明宏さん、この人の演技はいつも今一つだと思っていたけど、なかなか良かったです。

窓に鼻をつけるシーンは細かいし、美麗さんのエロさ、裸をよく引き出してくれました。

全編、一秒単位で美麗さんエロ過ぎです。

しっかり見過ぎて、終わった後はぐったりでした。

(笑)なんか美麗さん、中毒性があるかもね!

美しい義母に優しく看病されて欲情し

妻「奈津江」に風邪をうつす「光一」(中野秀祐)。

奈津江は入院。

光一は義母「美麗」(京野美麗)に看病される。

会社をサボる。

美麗のパンチラに欲情し、勃起に気付かれる。

キスされ、乳頭や陰茎をしゃぶられ、乳吸い、クンニ、指マン。

正常位、前座位、騎乗位、後背位、正常位で胸射。

楽しげに粥を食べさせてもらう姿を、同僚「葉山」(瀧口明宏)に見られ、寝室へ。

風邪気味の葉山を生姜湯でもてなす美麗。

胸に顔を埋められ、乳吸い、キス、クンニ、指マンされ、即尺。

正常位、騎乗位、後背位、正常位で胸射。

光一は美麗を求めるが、拒まれて退散。

美麗は乳揉み、マンズリ。

奈津江が退院するが、光一は美麗に泊まれと勧める。

夜●いし、首筋や乳首を舐め、陰部をまさぐり、勃起を尻に擦りつける。

目覚めた美麗に咎められるが、舌を絡め、乳吸い、手マン。

即尺され、69。

正常位、前座位、騎乗位、後背位、後側位、屈曲位で顔射、お掃除フェラ。

からみはいやらしいが

出演者は義母役の京野さんと娘の夫とその会社の同僚の3人。

意外と簡単に二人とは関係を結んでしまうが、からみは京野さんが色っぽく本気で感じていて抜ける。

お掃除フェラがあっさりめで、もう少し執拗にしてほしかった。

エンディングはシリーズのどの作品も義母との簡単な別れで終わるのだが、娘の目を盗んでのキスなど、背徳感をもっとあおって終わらせる工夫がほしい。

本編はこちらから