【伊藤青葉】まあ、抜けなくはない – 陵●母娘 娘の目の前で犯●れる母

本編はこちらから

ひかるちゃんをじった氏ががん突きです。

微乳少女青葉ちゃん。

熱があり医院へ。

ワイセツ医師に眠らされエッチされちゃいます。

青葉ちゃん細いです。

少年みたい。

エッチになれば感じちゃうスケベ娘です。

ムチムチのひかるちゃん。

じった氏と友人に襲われます。

即ハメされちゃうひかるちゃん。

抵抗しても最後は感じちゃいます。

陵●では青葉ちゃんは1シーンのみ共演。

別室でエッチです。

これはいまいちでした。

じった氏とひかるちゃんの迫力あるエッチは興奮です。

母娘 ?

母娘というより、姉妹にみえてしまう2人です、個々のプレーは良いのですが、あまりタイトルにある様な場面も少なく、ややタイトルとかけ離れた印象がある。

まあ、抜けなくはない

基本的には、母親と娘が個々にレ●プされる作品です。

かろうじて、母親が犯●れるシーンで、娘がからまれる程度。

母娘である必然性がありません。

ただ、娘は稀に見る幼児体型ですし、着衣のまま犯●れる母親は色っぽいですし、抜けなくはない作品ではあります。

本編はこちらから