【佐倉ねね】シリーズ着眼点はいい – 【VR】極上すぎるボディのHカップ爆乳女子大生ねねちゃんとの超肉感濃厚中出しSEX

本編はこちらから

スムーズな流れです☆彡

コーチと教え子という設定ですが女優さんが優しく癒すといった趣きでプレイにおいては女優さん完全主導です。

キスも多めでねっとりゆっくり、生のおっぱい触って・・と誘惑モードで流れます。

丁寧な言葉使いなので師妹関係ぽいですが中身は童貞を導くお姉さんといった感じです。

上に跨った女優さんの張りのあるおっぱいは、やはり素晴らしいですね。

騎乗位と正常位ですが、終始黒のブルマは穿いていて、無理やり脇からイチモツをねじ込む型は、個人的には少し好きではないでした。

坂井さん扮する教え子ちゃんは、一途にコーチを愛する娘さんでしたがやはりこの女優さんは、教え子を演じても男を導くプレイになってしまっていて逆にほほえましく思いました。

とくに前半のプレイでの、お二人が乗っているマットみたいなのが、動きのたびに「コポン、パコン」と変な音をさせるのでそこだけ瑕疵でした。

あとは女優さんの髪がけっこう長くて、男優さんの体にダラーーとなびいて邪魔だなと思うところが数度ありました。

アスリートらしく、短くひもで結わえてほしかったなと思います。

グラマラス!

(^-^ゞ最近のねねさんは、キスも上手くなってるし、ささやきは最強クラスじゃないでしょうか。

バックからの振り向きキスには、たまりません。

あまり胸に固執してないのも、いいと思います。

ねねさんは、そのままで、エロチックですから、そこを強調した最近の作品は、お勧めできます。

シリーズ着眼点はいい

展開は坂井亜美ちゃんの前作と大差無いのだが、ヒロイン設定が試合に出たいが為に寝る、と言う基本「枕」シチュなのでビッチ感が強く、ハメるまでの経緯がお礼要素もあり純愛要素をもうっすら感じさせ、妙に心に残る作品となった亜美ちゃんの前作とは似て非なる印象となり、無難な出来に終わった感があったが、この(巨乳)スポコス女子大生というシチュは、そのコスと女優のチョイス如何では大化けする可能性を秘めていると思うので今後に期待。

本編はこちらから