【北条麻妃】そろそろリメイクをしては。 – レズバトルに溺れる人妻たち…。 〜愛欲にまみれた昼下がりの情事〜 北条麻妃 結城みさ

本編はこちらから

性欲旺盛で,気が強く,プライドが高い

美熟AV女優,北条麻妃と結城みさによるレズAV。

二人とも美顔でスタイル抜群。

しかも,性欲旺盛で,気が強く,プライドが高い。

クンニさせても,極上のテクとは認めず,さらに気持ちよくさせろと要求する。

そんな女のバトルは,興奮させます。

少し,麻妃の方が背が高い分,上から目線だけど,みさも負けていない。

双頭バイブで繋がり,お互いに腰を振って,イカし合い,イキ合う。

テクもエロさも互角です。

でも,結局は,オ○ンコ感じて喘ぎ声を出す。

高慢さを見せていた女が「イク~」と言ってしまう。

抜けました。

良かった

北条さん、結城さんががっぷり四つに組み合ってレズバトル。

ディープキスも多く大変満足しています。

好みを言えばバトルを経てレズ友になる展開が良かったですね。

また初めに登場した若い女性も交えて最後は大同団結といけばよかったのでは。

演出を少々くどいのでもう少し簡潔に短くしてもよかったのでは

レズバトルと言う仕切りで見ると勿体無い、女達の物語です。

感じない 気持ち良くない と言う言葉は単に相手を拒否する上っ面な言葉ではなく、もっと感じさせて もっと気持ち良くしてと言う更なる愛撫を求める本音の裏返し最高の快楽を求め合う為に煽り合い貪り合う本当に貪欲なレスビアン同士の日々が描かれてます。

これまでのレズバトルと言う単なるイカセ勝負ではなく純粋に女に感じる女達が尽きない欲望を得る為にあえて敵対し あえて素直に求めない極上のレスビアン・セックス作品に成っています。

北条麻妃さん 結城みささんどちらに本当に美しく怖い イイオンナを見せて下さいました。

多分?今年の邦画レズAVの金賞作品と思います。

普通に鑑賞できるレズ作品として

バトル、もしくはそれに類するタイトルを付けたレズ作品の場合、敵意を表現する台詞がよく出てきますが、ちょっと間違うと 男としては覗きたくない陰湿な女性同士の感情を見せられたみたいで思わず引いてしまう、ということが過去何度もありました。

しかしこの作品ではそのあたり微妙な表現をうまく処理していて違和感が少ないと思います。

そこに配慮が行き届いている分、絡みに安定感はあるものの、先が読みにくいAVライブ的エロは控えめだと感じました。

そこまで贅沢を言うべきではないのかもしれません。

終盤、貝合わせをやってみせるところが高評価です。

今後もこのプレイは大事にして欲しいと思いました。

ちゃんとした貝合わせ、なかなか見ることができませんから。

舞台設定がエステで、オイル使用の焦らしプレイでもあれば個人的には理想です。

そろそろリメイクをしては。

数年ぶりに此の作品を観ました。

やっぱり最高です。

女優さんの演技力と性戯の迫力、なにより二人の視線がぶつかった時の相手を潰してやるといった迫力、ゾクゾクして私のムスコは震えながら勃起して何度もお世話になりました。

是非、タイトルに記した通りリメイクして欲しい作品です。

主演は水野朝陽さんと夏希みなみさんが良いと思います。

其の理由として、二人ともショートヘアー、高伸長、抜群のスタイル。

多分同族嫌悪互いに意識しあっているかも。

良い作品になるのでは。

本編はこちらから