【北条麻妃】最高作品だ – 人妻炎情 時代の掟に背いた禁断情交 北条麻妃

本編はこちらから

こんなの大有りでしょ

まったりと進む背徳的からみにじれったさと消化不良の印象が残るでもそれは決して嫌味なものではなく長年回答を欲しかった良性の不満でした続きが見たくなりました。

良いドラマです

ドラマがシッカリしていて女優もエロイがカラミにハードさが欠ける・・・でも観た気がするビデオ

ストーリーも、出演者さんも、とても良いです!

清恵(北条さん)の悩ましく悶える仕草は、美しく官能的です!特に夕日でオレンジ色に染まった肉体は芸術的!それに、友二を演じる大木さんとの姦通シーンは、色っぽくて魅了されます。

旦那:大野佐一役の森山さんが、物語に重厚感を持たせ、昭和を強く意識させ、清恵にイラマチオをさせるシーンは圧巻!題材の刑罰とドラマ設定年代に多少のずれを感じますが、(刑罰が存在していた年代には、存在しない品物が・・・)それも、あまり気にならなくなる位、すぐ物語にのめり込みました(^_-)-☆

北条さんは演技力あるね^

北条麻妃さんももはやベテランの域、この女優さんの色々なビデオ作品を、観たがここまで演技力を発揮している物は記憶にない。

表1のパッケージがヌードで無い所が妙に気になって買いました。

ドラマもワビサビが効いて良いのだが、やや画面が暗いのが気になった。

新レーベルの意義を感じない

使い古されたただの義弟との不倫もの。

冒頭から夫との関係は冷えていて夫に子種が無い為最初から結果が見えて、話の展開が非常に陳腐。

脚本にまったく新しさを感じ無い。

北条麻妃のねっりした色香は感じるが、着衣のカラミ多く最終のカラミも普通。

評価は「悪い」くらいだが、新レーベルの意義を感じずマイナス1します。

最高作品だ

一人の方が、悪い点数を付けているのだ、点数が上がらない。

100点の作品なので、評価点を上げるのに協力します。

本編はこちらから