【南梨央奈】どちらも可愛過ぎ! – ママは知らない…思春期の娘とパパの歪んだ愛の日常。 本物中出し姉妹編 ここあとりおな

本編はこちらから

単なるロリを超えた、見易さを兼ね備えた作品

どのチャプターも同じ感想なんですけど、単なる近親相姦を超えた「愛情表現」って言うのかな。

別の言い方をすると「スキンシップ」。

全然Hな感じじゃなくてスキンシップの延長みたいな感じが良かった。

良い意味でイヤらしくない。

しつこくない。

ロリはロリでそれ自体は二人の演技を見ると深いんですけど、実は思ったよりずっと見易い作品になっている。

ミニマムさんのこういった深さと見易さを同時に追求しちゃおう、のコンセプトと2人の女優さんの完璧に役柄に成りきった演技が融合して生まれた秀逸の作品だと思います。

「一般的ロリ」の誕生のきっかけになったりして。

あと、上の方も書いていましたが、二人はホント仲が良いですね。

本当の姉妹のようでした。

作品の中では、愛須心亜さんのパパに中出しをせがむ時のプクッてふくれた顔と、南梨央奈さんの「私が一番好き?」がツボでしたね。

ほっこりするAVでもじゅうぶん満足できます。(たぶん)

ドラマシーンでは、のっけから姉妹役の二人の可愛さにやられっぱなしで、「実際にこんな娘たちがいたらいいな」と思わせてくれるし、まるで本当の姉妹であるかのような空気感もバッチリで、一時の父親気分を味わえる。

エロシーンでは、背徳感やダークっぽさはなく、愛情たっぷりのSEX(これも親子愛?)であるため、実用性としての物足りなさはやむを得ないところか。

それでも普段、エロ以外をスキップ・早送りする人(自分)にとっても、全編再生に耐え得るだけの作品力があるように感じた。

是非、同じキャスト・設定で二作目を期待したい。

100年に1本の名作

7日間限定で購入しましたが、あまりにも良すぎて無制限で再購入。

2人とも度が過ぎるぶりっ子で、他の作品とは全くの別人です。

知的レベルは小学生の低学年?並みの幼さを演じています。

こんな娘は現実には絶対に居ません。

ただ、甘えん坊の2人がとにかく可愛いです。

ロリでイチャイチャ感が半端ない作品なので、エロくないシーンでも抜けまくれます。

人生で最高のAV。

出会えて良かったです。

フェラフェラフェラ

フェラがイイね!お父さん大好きっ子の姉妹が、時には一対一で、時には姉妹一緒に大好きなお父さんの大好きなチン○をシャブリまくる姿にゾクゾクします。

横から下から先から根本から舐めまわし、喉奥まで咥え込み、○玉にもジュブジュブ吸い付く!俺もこんな子たちにしゃぶってもらいたいyo

狂気すら感じる。

遅まきながら、このシリーズにドはまりしてしまった者です。

これは、ただの近親相姦ものではない女の情念を描いた作品と言うか妹は、大好きなパパに好かれたいとどこか背伸びをしている風に見えるが姉は違う、この子は幼な風な少女でありながら父親を男として見ていて本気で妊娠を望んでいる完全な女。

ホテルでの姉妹とパパの乱交中に母親から電話が掛ってくるシーンで娘2人は何の罪悪感もなく嘘をつき、なおかつ何も知らない母親に対して優越感すら感じている。

これは、好きだった友人の彼氏と浮気し寝取ったかのような振る舞いでしかも実の母親から父親を奪うというまさに悪女。

その幼い2人の悪魔による肉欲の破滅的な快楽に溺れていく父親を見ていて狂気を感じました。

ここからは私の勝手な想像ですがこのままこの関係が続き、いずれ娘達は妊娠しその事ですべて母親に知られてしまい家庭崩壊。

それでも、家を出て行った母親と落ち込む父親を見て娘達は、実の母親に対してあんな女より私達の方がパパを幸せにできるんだからと笑みを浮かべながら、父親を体で慰める姿が目に浮かびました。

コスパが高すぎ。お買い得。

①女優二人の演技、テク、プロ意識など兼ね備えたレベルの高さを一度に味わえる。

②主観フェラが多い。

③二人責めだけでなく、ソロパートもきちんとある。

しかも濃厚。

過不足感のないAVは珍しいのですが、これは○ですな。

2人の揃うパートがWフェラ多めで、すごく癒やされました

長くなるので2人が揃った前半・後半のみレビュー。

1.Wフェラ最高!梨央奈ちゃんベロチュー良。

「おちんちん大好き」発し、再びWフェラ最高!ペロペロしまくる左右への2人の舌使いH!梨央奈ちゃん、高速両手コキフェラで舌射。

「ここあもちょうだい」精子口移しし、口元の精子ベロベロ舐め回しまくるのが最高やらしい!連続お掃除最高!4.石鹸おっぱいに馴染ませ、突き出したプリプリのお尻をWなで回し最高!指マンっぽく股洗い。

はしゃぐ様子が可愛い。

ちゅるちゅるするWフェラ最高!手コキしながらフェラ。

イラマ。

梨央奈ちゃんフェラ抜き口内射精。

精子口移しH!ごっくん。

2人でお掃除最高!部屋へ移動。

心亜ちゃんのベロチュー最高やらしい!Wフェラ最高!2人に正面でハメつつ、フェラがH!バック。

連続騎乗位挿入。

腰使いまくり。

梨央奈ちゃんに中出し。

2人でお掃除しまくり最高!総じて、単独パートも良かったですが、2人の揃うパートがWフェラ多めで、すごく癒やされました。

☆5つ!

ブルマ体操服+ランドセル なんて衣装も見たかった

女優さんは可愛さとか無邪気さとか幼女ぽさを演じようとしているのだろうけど、なんとも姉妹ともに池沼ぽくて、父娘姦の背徳感が出ていないのが今ひとつ。

個人的好みなんだけど、「恥ずかしいよぉ怖いよぉ父娘でこんなコトしちゃいけないんだよ・・・」↓「でも、大好きなお父さんが求めている。

お父さんに喜んでもらいたい」↓「・・・変だよ…気持ちいよぉ…もっとして…」こういうのも見たかったかな。

とまあそのへんは頭のなかで勝手にストーリーを作ってwプレイだけを楽しんだところ、実にヌキヌキに使えました。

特に執拗とも言えるダブルフェラチオが素晴らしい。

大好きなお父さんのチンポコを時には奪いあうように時には協力して激しく優しく先から根本から袋からねぶりつくすロり姉妹。

…擬似精液で結構ですので顔中ヌトヌトにしてくれればもっとエロかったかな。

ガッツリシコらせていただきました。

間違いなく名作!

ロリ系の父子相姦ものでは、名作揃いのこのシリーズ。

今回は姉妹との関係という設定ですが、心亜ちゃんと梨央奈ちゃんという、まさにはまり役のとてもフェティッシュな女優さんを起用し、すばらしい作品になっています。

カメラワークは、時には娘のかわいい表情を、時には欲情の対象としての若々しい肉体を捉え、父親の禁忌な欲望にあふれる主観を上手く表現しており、背徳的な雰囲気が漂います。

子供っぽすぎる口調はともすれば不自然になる気がしますが、女優さん二人の自然な演技が、虚構ならではのリアリティを支えています。

うぶな娘に欲望のままに、奉仕をさせ、攻め、ハードなプレイを求める鬼畜さは、アブノーマルなリビドーにあふれ、何度見ても使える作品だと思います。

父子相姦作品の名作と言って過言はないと思います。

これは?

これはロリコンじゃなくて大人が子供っぽくしてふざけているだけでは?ロリコンと思ってみると裏切られますよ。

作者の人もロリコンじゃない人でしょう。

監督の事ですよ。

皆さんのレビュー高評価ですが!

ここあさんも りおなさんも,単品で出演されてるDVDが多数あるのに、単に身長が低いからと、子供に見せるのには無理がある。

それに、二人でブリッ娘し過ぎで、いまいち気分がブルーです。

大仰な見出しをつけないで、ココアとりおなの お尻パコだけで宜しいのでは!ママがこんな事にきずかないワケがないし、思春期の娘にしてはチョットむふふです。

どちらも可愛過ぎ!

ふたりの娘達が可愛過ぎて全くスキップせずに観れました。

ざっくりと内容を。

①母親が出掛けた後リビングでWフェラ。

②ここあの部屋でここあイジリ→りおなが入ってきて怒り、Wフェラ+りおなイジリ。

③りおなの誕生日にプレゼントセックス中出し④翌日ヤキモチを焼き仮病を使ったここあと中出しセックス⑤ラブホでふたりと風呂でフェラ→おもちゃを使ったりアブノーマルからの中出しセックス。

途中で母親から電話がかかってくるシーンは変にドキドキしたw
本編はこちらから