【南波杏】極太ではない – 極太FUCK 南波杏

本編はこちらから

もっとフェチっぽい作品かと思った

わりと巨根の男優を集めた以外に何の工夫も無い作品なので杏ちゃんのファンでなければ高評価は望めない。

「極太張り型オナニー」で使われている張り型は人間のペニスに比べれば確かに太いがAV撮影ではよく使われている業界標準サイズである。

拘束FUCKで全身タイツの網目から飛び出した乳首がエロい。

タイトルそのまま

何の捻りも無いタイトル。

まぁ、捻りなんていらないけど。

全編ぶっとい○○○を突っ込まれてる。

僻みが入っているかもしれないが余り楽しめなかった。

好きという割には

反応が今ひとつでつまらなかったもしかして、極太じゃない男優だったとか?!

可でもなく不可でもなく

極太を調教してその系統の男優サンを起用してます。

作りはこれといってインパクトはないように思われます。

杏チャンの感じ方は個人的には好きです。

欲を言えばもっとハード系に仕上げた方が良かったと思われます。

「長さより太さ」だそうです

3000Kbps動画、画質、マアマアとイマイチが混在。

モザは、マアマアか。

(1) 主観。

騎乗位。

腰振り、エロいです。

最後は手コキ発射か。

(2) オシャベリの後、パコパコ。

ハメ撮り。

男優、誰なんだろう。

杏、気持ちよさそうです。

(3) ディルドでオナニー。

まあまあ。

(4) 穴の大きい網タイツ、エロいです。

拘束されて…。

この姿を見ているだけで、ボッキします。

vs黒澤。

いい絡みです。

じっくり、鑑賞。

(5) 今は監督(赤道直下)の、愛川と…。

恋人SEX風。

これ、スペコレ77に収録されているな。

1点オマケの「5」です。

極太ではない

黒人は確かにモノは大きいが絡みが淡泊。

それを解消しようと日本人でかつ極太のモノを持つ男優を集めたというのがこの作品のコンセプトなのだろう。

しかし確かに内容は他のAVと同じような感じだが、極太とはお世辞にもいえないありきたりの大きさのモノを持つ男優が出ているだけ。

普通のAVになってしまっている。

本編はこちらから