【吉岡明日海】いいね – 「初めてが私で本当にいいんですか?」童貞くん達のやりたいこと全て叶えてあげる 優しさ溢れる童貞筆下ろし4本番 SOD史上最も心優しい女子社員 中途入社1年目 吉岡明日海

本編はこちらから

王道と母性

冒頭にSODとしての「童貞」あるいは「筆下ろし」に対してのスタンスを述べられるが、本作はまさにその王道をいく作品と言える。

童貞卒業を「やらせてあげる」的な欲情をいたずらに煽る作りでなく、自然に求めていく男と受け入れる女性という図式で端的に示したことで、劇的要素の少ないドキュメンタリータッチの作品となった。

男性陣が誰も前がかりにカラダを求めていかないのは、吉岡明日海嬢独特の距離の取り方からか。

彼女の丁寧さは卑下、卑屈ではないので相手も素直に向き合えるのだろうか。

観ている私達も…?吉岡嬢が導く姿は自然な流れを捉えてあり、彼女の他作品と比較して母性の強さが特に際立つ撮り方に感じられた。

未経験男性に「教える」のでありながらも上から目線とは感じられないのはそこによるのであろう。

少し残念に思われたのは、比較的同じタイプの男性が揃っていたことである。

そこがリアリティとは思うが、エンタメ要素を強めにするなら「ただひたすらカラダだけを求める早漏クンが何度もやりたがる」「保健体育の教科書片手に実際の女体を学ぶ50男」「絶対に三桁は経験してそうなイケメンが『実は…』と真面目にセックスを学ぶ姿」など色々なパターン(笑)が観てみたかった。

全体を通して、吉岡嬢のオトナの女性としての魅力を丁寧に撮っている作品。

オススメの抜き処としては、騎乗位で腰を振っている動きと、流石のSOD女子社員、ローションとゴムをスムーズに取り扱う姿である。

おっぱいガン無視

童貞なのに全員おっぱいに興味ないってどういうことかなあとAVで引きの映像求めてる人っているの?女の裸がまともに見えないよ

いいね

1人目との絡みが最高でした。

相手の童貞感も分かりやすいしリアルだなあと。

本編はこちらから