【吉岡明日海】女優部移籍2作目にして最高傑作!超濃密な作品です。 – SOD女子社員 超濃密 1日10発射精させても終わらない種絞り騎乗位 吉岡明日海

本編はこちらから

背面騎乗位で剛毛おマンコに注目!!

吉岡明日海のおっぱいは天然乳の揺れ具合が微妙なので、偽パイではないかと思います。

でもエロいカラダをしているので勿体ないかもね!お尻のラインもなかなか美尻ですね!パッケージ通り美尻を強調したポージング。

現時点での吉岡明日海さんの集大成&真骨頂

実は吉岡さん作品は出る度観させてもらってます!でも申し訳ないですがレビューは2回目です感想を伝える文章力と語彙力に自信無いからですでも今回は書かねばと思いました…稚拙な感想かもしれませんがこれまでの作品でずっと感じてたこんな人がこんな事するんだ…!こんな事言っちゃうんだ…!っていうのがギュッと濃縮されて詰まった作品です!ギャップ萌えの極みです具体的には普段の姿はエロさセクシーさは全然感じないただ真面目で可愛い女性でも服を脱ぐ・セックスになると物凄くセクシーでエロい!まさに豹変ですそして基本ずっと敬語・丁寧語からの高ぶった時の無意識に出る言葉!更に受身な姿勢かと思いきや実はそうじゃない!社員さんといえ女優さんなので普通は作品でのキャラの演出も多少あるんじゃないの?と思ってしまいますが実際作品とTwitterを知ると全てが吉岡さんの素なんだなと思わざるを得ないはず!毎回作品を観て最終的に不思議な方だなぁ~と思ってしまいます(もちろん良い意味で!)ギャップ萌えやむっつりスケベフェチの方は必見ですよ!最後はなんかちょっと為になるなぁ~という内容だしToBeContinued的に終わるので続編も期待!

目鼻立ちのクッキリした正統派の美形&天然ほんわか癒しキャラクター

吉岡明日海主演作品を見るのは初めて。

全5PART+感想コーナーの構成、初めて見る吉岡明日海さんは目鼻立ちのクッキリした正統派の美形、一見華奢な身体かと思いきや、脱ぐとグラマラスな神ボディが拝めます。

ルックスとは相反して(?)相手を包み込むような癒し系のおっとりした性格、言葉ひとつひとつがエロ可愛いのも魅力です。

53分過ぎ、濃厚フェラの後『お胸に出してください』と言って舌をペロッと出すカットに驚く。

まったく演出感がなく、吉岡明日海の素のキャラクターが出ていてめちゃくちゃ可愛いです!!絡みもグラマラスな神ボディを活かした騎乗位はもちろん、密着感の伝わってくる絡みが多く、時折見せる大人っぽい表情もたまらなくセクシーです。

吉岡さんの助平さが満開

吉岡明日海さんに依る、女優部移籍作品第2弾。

早速鑑賞させて頂きました。

ズバリ彼女の助平さが満開で、気持ち良く抜けるもので間違いなし。

ただ欲を言わせて貰うなら、ひとりの男優さんとちちくりあうより、複数の男優さんを相手にして、乱交物なら更に良かったかもです。

あと収録時間も3時間越えなど、もう少し長尺でも良いと感じられました。

なにはともあれ、次回作には期待が膨らむばかりです。

女優部移籍2作目にして最高傑作!超濃密な作品です。

SOD女子社員としてデビューし、前作から女優部へ移籍。

移籍1作目が『覚醒4本番』とハードな内容でしたが、今作はタイトル通り『超濃密』な内容です。

吉岡さんのほんわかした雰囲気と丁寧な言葉遣い。

抜群のスタイルは勿論ですが、今作では血管が透き通る白い肌も見所です。

タイトル通り、1人の男優さんを『1日で10回以上』イカせる事がメインストーリー。

ありとあらゆるワザを使いこなし、『お掃除→追撃フェラで連続イカせ』や『連続おかわり挿入』など見所盛り沢山です。

射精もお顔、お口、お胸(吉岡さんがおねだり)とバリエーション多彩です。

また、今まで複数プレイやシチュエーションに縛られ可愛さやエロさを活かしきれない作品(どれも良い作品です)が多かったのですが、今作は1対1で進むので途中からは恋人同士を見ているように男優さんとの距離も縮まって行くのが分かります。

個人的おすすめポイント1.全編通して自然な淫語で誘惑よくある『セリフっぽい淫語』では無く、自然な誘惑淫語がとても良いです。

2.透き通る白い肌バスルームでのご奉仕は必見です。

3.ラストの絡みで爆発する性欲『男優さんをイカせる事』を優先し、自分が気持ち良くなることを我慢して来た性欲がラストの絡みで爆発します。

※作品序盤の絡みで男優さんより先にイッてしまい『ゴメンナサイ』と謝っちゃうシーンも必見です第1作のラストハメ撮りや中出し作品で待機中にオナってしまいそのまま絡みに突入した、『あのエロさ』を最後に自ら解放し、白い肌を火照らせて男優さんに襲い掛かります。

撮影終了が早朝と吉岡明日海さんも男優さんもお疲れ様でした。

次回作が楽しみです。

本編はこちらから