【吉川伶子】黒乳首でパイパンの美魔女 – 彼女の母 吉川伶子

本編はこちらから

黒乳首でパイパンの美魔女

恋人「まさみ」(つくし)の部屋で男性器を露出して迫る「トモヤ」(横山大輔)。

茶菓を運んできたまさみの母親「吉川伶子」に見つかる。

伶子はまさみを「頭、外で冷やしてらっしゃい」と遣いに出し、トモヤにキッチンで蛍光灯の交換を手伝わせる。

脚立に乗った伶子を支えるトモヤは、パンチラに欲情。

手が届かない伶子の代わりに脚立に乗るが、自分を支える伶子の胸が脚に当たり、勃起。

たまらず脚立を下りて乳揉み、乳吸い、キス、手マン、尻揉み、クンニ。

即尺され、69で口内射精。

伶子は湯船でトモヤを想いながら乳揉み、マンズリ。

まさみの留守に押しかけたトモヤは、ソファで伶子の唇を奪う。

乳揉み、乳吸い、手マン、尻揉み、アナル舐め、クンニ、指マンし、即尺。

前座位、騎乗位、後背位、後側位、立ちバック、正常位で中出し。

50歳にしては美肌でスタイル良好の伶子さん。

偽乳だが、黒乳首がエロい。

おまけにパイパンだ。

本編はこちらから