【吉沢明歩】素の彼女か見れて良かったけれど、ドッキリは合わない。 – 即ズボ! ランプが鳴ったらどこでもセックス 吉沢明歩

本編はこちらから

次はこんなあっきーが観たーい

どれを観てもあっきーは素晴らしいね。

スタイル抜群、演技も達者、どんな役でも一生懸命、AVの宝です。

この作品もそうですが、特に恥ずかしながら感じていく演技は特筆もの!役はやりつくした感もありますが、一度、こんな設定はどうでしょう?女だが理由あり、若武者若しくは男に身を変え下着はさらし&ふんどし着用、やがて女がばれ、ふんどしをはぎとられながら恥ずかしさの極致を味わう。

良かったです

あっきーの素に近い表情が見ることができて、それだけでもかなり満足です。

個人的に好きなのは、居酒屋のシーンですね。

声を上げたいのに聞こえたらいけないので、我慢してるのがなんかエロかった。

でもやっぱり美人です。

こんなに綺麗でスタイルの良い人の行為をリアルタイムで見ることができるなんて!同じ時代に生まれて良かった~。

レンタル時代の頃に少し戻ったうような作品

いったい何本目の撮影になるのかわからないが、ベテランの彼女の最近の作品は、もう、完全にプロの仕事であり、ドキュメンタリーとしての要素はない。

この作品もまた、ドキュメンタリーではなく、単なる企画なので本人も驚いた「ふり」をしている。

とはいえ、通常のS1の作品とは違い、アドリブで話している姿もみられ、いつもよりは段取りが少なめなのだろう、自然な印象がみられる。

フェラ抜きから顔射された際のリアクションなど、自然な部分はレンタル時代の彼女のドキュメンタリーにみられる素の吉沢明歩を見るようで、いかにS1が日頃、彼女をつまらなく撮ってしまっているかがよく理解できる。

うーん。

吉沢明歩は、美人でとても良いと思います。

でも、この手の企画は辟易とするものしかない……。

特に居酒屋シーンは、やらせだと分かっているのに、人が来るふりをするたびにプレイは中断して、盛り上がらない。

全員がそういう演技をしていると思って見る分には良いのかも知れないけど、それはそれで詰まらない。

いいね

戸惑いの表情が良いパケ写見て思ったけどあっきーオッパイ大きくなった?個人的にはディープスロートのころの肉付きが最強です

う~ん...興奮度は、少し低いけど...

2本のチ○ポを舐めまわしたり、頬張ったりする姿は良かったですよ!でも見てるオイラ的には、ちょっと物足りない感があるかなぁ!...やっぱ、絡む場所は考えないとね!..準備もある事だし..そういう点では、アッキー、頑張ってたと思います!アッキーは、ハラハラ感よりもより自由に悲鳴のような声を出して喘ぎたいと思うよ..その方が淫らなアイドルって感じで抜けると思うんだ♪..こういう企画って超興奮するか..中途半端になっちゃうパターンがあると思うけど..今回に関しては中途半端だなぁって思ってしました...ごめんね...アッキー!!

トップAVアイドル

たとえトップAVアイドル,吉沢明歩でも,AVの撮影に妥協を許してはいけない。

準備なんかしていなくても,すぐに対応できるのも一流AV女優としての才能。

説明を受けている最中にオ○ンコ電マ刺激。

勃起チ○ポを差し出されたら,即フェラ。

そして,いきなり勃起チ○ポを即ハメ。

男優は準備OKなので,気持ちが入っています。

まあ,所詮AVの企画なので,明歩も心の準備は出来ていると思う。

・・・最近,吉沢明歩の顔を見ると,以前にも増して無性に興奮してしまう。

アッキーの目つきが『チ○ポ仕様』に見えてしまうんだもん!!

制作サイドの悪ふざけだけが目立つ、非道で非衛生的な作品です

ハプニング・NG集というのは、一回性の言わば「アウラ」のようなきらめきを放ち、一回しか起きないことだからこその不滅性を保持することがあります。

しかし、この作品においては、一回限りであるが故に許容されるどっきり企画が、連続して何度も波のように押し寄せ、あっきーだけでなく、観る者を辟易させます。

製作サイドが、事務所(マネージャー)とも結託し、自らの欲望を満たそうとするかのような、面白半分さと非人間性・非衛生性だけが目立ち、芸術的な美とは正反対の方向に作品を導いて行きます。

本人は仕事でもあり、遊びの要素もあることから、「もう一度やってみてもいい」みたいなコメントをしていますが、このような企画は「一回性」であることに基礎をおいているものであり、見ているだけでも不衛生かつ非道なものにしか見えないので、金輪際お断りしたい作品です。

居酒屋でのシチュエーションでのあっきーの恥じらいが最高!!

居酒屋シーンでのあっきーが最高でした!立ちバックでピストンされながらも、必死に声を押し殺しているあっきー。

しかし、男優はそんな事はお構いなしに、あっきーの美尻をビンタ(パシーッ)すると、あっきーは超ビックリ!周囲を伺うあっきーの表情がなんともたまりません。

また、潮を大量にテーブルに撒き散らしたところ・・・またまた男優さんがイタズラ。

店員さんを呼んじゃいます。

あっきーは超焦って、必死に潮を拭き拭き。

たまりません!!

素の彼女か見れて良かったけれど、ドッキリは合わない。

撮影前のトークや日常の様子など彼女の素の部分が垣間見えた部分は非常に良かったです。

ただドッキリの撮影期間だと事前にわかっていても、急にサイレンが鳴りだすと、彼女が動揺しているのがはっきり感じとれ、観念して行為に臨む姿はちょっと可哀想でした。

最後のインタビューで「今回の企画、楽しかった。

」と強がっていますが、半ベソで絡んでいるシーンもあり、事前にイメージしてからの演技が得意な秀才型の彼女にとっては、今作のような一瞬の対応力を問われる今回の撮影は、かなり負担だったはずです。

特に居酒屋のシーンでは店員に悟られまいと必死になる部分がいくつもあり、本当にストレスがかかっていた感じでした。

ただ観念した後の絡みは非常にスムーズで、さすがベテランと感じる部分もありしましたが、個人的にはグルになって協力した事務所関係者との信頼関係に傷がついたのではと勝手に心配してしまいました。

(笑)
本編はこちらから