【喜多見ゆりえ】42歳にしては美肌でスレンダー – 彼女の母 喜多見ゆりえ

本編はこちらから

不細工な彼女

ぶっ細工な彼女との絡みがばれそうとかのくだりは無しで、いい。

絡もうとしたらすぐに彼女の母が入ってきて、のくだりは必要だがだったら、もっと彼女の母との絡みを増やしてそっちがばれそうなほうがいい。

彼女は犯●れる要素が有るのが適役

上品で知的な淑女はやはり羞恥と快感に悶える役どころがお似合いです。

しかも、キスとフェラが根っから好きな為、奪われた唇を避ける事が出来ません。

そういった男心を掻き立てる点が上手く描かれている。

それにしても上背はないが体型の良さ、白く美しい肌は絶品です。

42歳にしては美肌でスレンダー

白いキャミソールと白いスカートの上に薄緑のカーディガンを羽織った「絵里奈」に、絵里奈の部屋のベッドでキスをねだられる「浅野あたる」。

舌を絡め、胸を揉む。

キャミソールをたくしあげて薄紫のブラをはだけ、乳首を吸う。

スカートをまくって陰阜をさする。

ショーツの股布をずらしてクンニ。

ショーツを下ろした絵里奈を指マン。

ブリーフの膨らみをまさぐられる。

ブリーフを下ろされるが、ドアをノックされ、慌てて身繕い。

白地に黒いチェックの半袖シャツと、紺地に白い水玉のスカートを着けた絵里奈の母親「喜多見ゆりえ」が、茶菓を運んできて、あたると視線を絡ませる。

薄紫のエプロンを着けてキッチンに立つ。

部屋を抜け出してきたあたるに抱きつかれ、唇を奪われる。

絵里奈がやってきて、躰を離す。

結婚をゆりえに相談すると言って、あたるが絵里奈を追い返す。

ダイニングでスマホをいじる絵里奈の眼を盗んで、ゆりえはあたるに胸を揉まれ、スカートをまくられて尻をしだかれ、陰阜をさすられる。

舌を絡められ、首筋を舐められる。

スマホに友達から着信し、絵里奈は部屋に戻る。

エプロンを取られてシャツをたくしあげられたゆりえは、水色のブラを揉まれる。

カップをはだけられて乳首を吸われる。

スカートをまくられて陰阜をねぶられる。

尻をしだかれ、舐められる。

ショーツを下ろされてクンニ、指マン。

ブリーフの膨らみをさする。

ブリーフを下ろして即尺。

流し台に手を付いてバックで挿れられ、床の上で騎乗位で跨り、流し台に座って正常位で中出し。

絵里奈がやってきて、慌てて身繕い。

湯船でゆりえはあたるを想って乳揉み、マンズリ。

ベージュのミニスカと水色のセーターを着けたゆりえは、絵里奈の留守にあたるに押しかけられる。

玄関でミニスカをまくられて尻を揉まれ、唇を奪われる。

ベッドで舌を絡め、セーターとミニスカを脱がされてブラをしだかれる。

カップをはだけられて乳首をつままれる。

尻を揉まれ、陰阜をさすられる。

乳頭をしゃぶり、ブリーフの膨らみをまさぐる。

ブリーフを下ろして即尺。

股布をずらされて69し、指マン。

ブラを取られて正常位、杵担ぎ、後背位で突きまくられる。

ショーツを下ろされて背面騎乗位、撞木反り、対面騎乗位、前側位、前座位で腰を振る。

正常位で「僕もう出ちゃいそう」「イッていいわ。

中にイッて」「分かった。

あぁ、あぁ、あぁ、出るっ」と膣内射精。

ひしと抱きしめられる。

本編はこちらから