【坂上友香】んー・・・・、微妙。 – 義父に犯●れて… 美嫁いぢり 坂上友香

本編はこちらから

まつ毛が

ささいなことですが、女優さんのまつ毛がえらい長いような気がしてしまって・・・。

なんか魔女みたいに見えてしまいました。

ただ男優さんが、その魔女の魔法にやられたのか、怖いぐらいのキレキレの演技だったです。

体に字を書くシーンは「書を極めたものでないと、この墨で書いた字は見えないんだよ。

もちろん私も見えないんだよ」といって、透明なローションで書いたほうがいいと思いました。

Hな体

幸せな結婚生活を送っていた友香だが、ある日、欲情した義父に犯●れてしまう。

誰にも相談できない友香はそれから夫が出勤した後、義父にいたぶられ続ける。

竹の棒に大の字に縛られ、嬲られるシーンは興奮した。

友香の成熟した肉体が初老の男にネチネチといたぶられるのは、なかなかよかったと思う。

ただ、旦那とのHは余計で、義父とのからみにもっと時間を割いてほしかった。

なかなか

エロかったです。

でも義父がもう少し年老いてたらもっとリアルだったかも。

女優さんの肌は綺麗でしっとりしていて見ててよかった。

久々の快作

筋書きがありきたりな上にマンネリがひどかったシリーズで久々に会心の作品が出た。

義父に体だけでなく精神的にも凌●されていく嫁を坂上友香が熱演。

夫とその父親を親孝行で仲のいい間柄に描くことによって、義父に犯●れていることを夫に言えば親子の関係を割くことになり、愛する夫を悲しませることになるという嫁のジレンマを描いている。

夫のために凌●されることを受け入れたはずが、次第に犯●れる快楽に浸っていく嫁の姿がエロすぎる。

家庭と家族という逃げ場のない環境での人妻の地獄堕ちは、この手の鬼畜ものが好きなファンなら確実にツボ。

駄作も多いシリーズだが、こういう傑作がたまに出るから簡単に見限れない。

美体の息子嫁を●す・・!

若くて可愛かったり、綺麗な美人が肥満腹で頭ハゲてたり、白髪混じりの中年おやじに犯●れる・・・というシチュエーションに子供時代より最も敏感に反応していた者にとってはなかなかの逸品快作である。

計略によって足をしびれさせた嫁を最初に●す場面、・・畳に這う息子嫁の尻にかぶりつき桃の果実を甘く激しく吸い込む場面が背徳的で、中年ビール腹の白髪息子おやじが腰を激しくグラインドさせ初犯しをする様は美醜の是非というより淫靡な快感に美しく満ち溢れている。

習字の筆で嫁の胸に漢詩記して、その美体を舐め陵●するシーンは変態的であるが、SMの新たな嗜好を発見した気もする。

(とはいえ・・・真似はしないが)嫁役の坂上友香の肢体もおっぱいも極上で、シャワーシーンの全身姿を見た後で、醜い変態白髪中年腹のおやじに犯●れると思うとさらに興奮を高める良く構成された作品である。

コケティッシュな美乳妻が義父のM奴●に。

仲の良い義父と夫と明るい妻。

しかし、義父は妻を狙っていた。

習字に付き合わせ足の痺れで動けない妻を襲う。

足舐め、強烈なクンニ。

ついには強引に貫かれて…。

抗議する。

肉棒を口にねじ込まれ「お前は俺に逆らえないんだ」夫の留守に当然のように行われる玩弄。

でも誰にも言えない…。

苦悩する妻。

深夜、夫在宅中にもかかわらず股間を嬲られ絶頂してしまう。

次第に義父の加虐性が増していく。

褌1枚で四肢を拡げ拘束。

隠微な嬲りが…。

徐々に順応し感じていく。

命じられるまま男根を咥えてしまう。

じわじわと肉棒を壺に挿入されスパンキング&SEXで征服されていく…。

墨プレイは汚くてNG、1点減。

つけまつげ長すぎ。

習字プレイ

義父による習字プレイは義父の変態っぷりがよく表わされていて、このシリーズ中では斬新だった。

ただ、女優の話し方・化粧の仕方が良くないのか、すごく老けた印象を受けた。

また、男優が義父というには若い印象を受けた。

そのため、義父と嫁という関係に見えなかった。

んー・・・・、微妙。

女優さんがタイプで、レビューも悪くなかったのでレンタルしてみましたが、ちょっと微妙でした。

レンタル版のみかは分かりませんがモザイクも強め。

この女優さんの別作品に期待してみます。

本編はこちらから