【妃月るい】そんなにごっくんしないね – 奴●志願してきた名門大学のお嬢様のごっくん変態調教飼育 おじさまの精液をワタシのはしたない口マ○コにぶちまけて下さい… 妃月るい

本編はこちらから

奴●志願って感じではない、嫌がる女のガチ調教もの

世間知らずでお人よしのお嬢様を演じる女優はなかなか見事。

人を疑うことを知らぬまま、好奇心だけでネットで見つけた調教師に会ってしまうってだけで、無防備ではあるけど奴●志願って感じはまったくない。

眠剤盛られて監禁されるんだけど、ガチに嫌がるレ●プに始まり、90分くらいまでは嫌がってる女を強●的に仕込んでいくレ●プ感が強い。

手マンされるとき嫌がりながら脚が開いちゃってたり、ハメられてるときの目つきがエロくなってたり、微妙なマゾの兆候を見せてはいるけど奴●願望の自覚はない女の奥底に眠ったマゾの素質を暴くカギになるプレイが精飲で、最初は嫌がっていた精飲が快楽に変わっていくのが奴●化のポイントになってくる。

恋人の前でイラマチオを強要され、声は泣いてるのに顔はすっかり女の顔で夢中でしゃぶりあげる姿が堕ちる合図。

口内射精された精子を「好きにしろ」と言われ、じっくり味わった後に飲み干すことで、自分が性奴●であることを受け入れる。

完堕ちは最後の輪●だけであり、奴●志願どころかその気がまったくない女を調教して奴●として開花させる作風。

安直な●物系じゃないのは調教系としてポイント高め。

裸にコートで外に連れ出すシーンが中途半端で意味不明だったりマイナス点もあるが、特に精飲調教系としてはなかなかレベル高め。

キスが一切無く、徹底して肉便器扱いの凌●系ドラマ

ドラマ物でのガチごっくんは意外と珍しく見応えありました。

ドラマの演技力も飲みっぷりもハイレベルで、『嫌々ごっくん』から『おねだりごっくん』まで変化に富んでいてめちゃくちゃエロかったです。

ただ、一度口から出させたり、咀嚼させたりといった食ザー寄りの演出があるので、汚辱・タンツボ系が苦手な人にはちょっと向いてないかもしれません

そんなにごっくんしないね

そんなにごっくんしない。

ごっくん変態調教飼育ってくらいだからすげぇごっくん・・・と思ったら。

え~これだけ?かなりマイナス点。

ただ、妃月るいさんがめちゃくちゃエロいそれだけは付け加えておく。

本編はこちらから