【宮沢ちはる】宮沢ちはるさんの演技力がとにかく素晴らしい作品 – 【VR】涙腺崩壊!? 余命一年の俺と赤ちゃん孕ませ中出しセックス 宮沢ちはる

本編はこちらから

これぞ女優

ちはるちゃんの可愛さとエロさ、演技力の高さは他の作品で既に知っていたため、「涙腺崩壊!?」というタイトルに期待させられ、購入しました。

期待は裏切られることなく、ちはるちゃんの演技は演技だと思わせない自然なもので、どんどん引き込まれました。

後半の感動×エロの化学反応は本当に素晴らしく、「これぞAV女優!」と思わせてくれる内容でした。

なかなかAVで感動し、うるっとくることはないですが、この子の場合は本当にそういう体験をさせてくれます。

今後もちはるちゃんのVR作品には要注目ですね。

泣きの演技が秀逸です??

元々演技が上手で好きな女優さんだったのですが、今作は何ヶ所か泣きのシーンがあるのですがエロから泣きへの間やスイッチがナチュラルに入っていくのでこちらの感情を揺さぶられます。

特に1番の山場である中出し直後の宮沢ちはるさんが号泣しながら切々と語りかけてくるシーンは下手な映画より泣けます。

それぐらい素晴らしい。

ただそのあとの後日談は無くても良かったかな?宮沢ちはるさんの泣き顔のままエンドロールのほうがよりグッと引き込まれたまま終われたと思う。

うちの妻…でのNTR演技も良かったですが今作の泣き顔はそれ以上に良かった。

改めて大ファンになりました。

こんなAV見た事ない、感動した!

宮沢ちはるという女優ははじめてでしたが、ひと目見た時から瞳の美しさに只者ではないと直感した。

演技を観るにつれ引き込まれて行って、エロVRを見てると言うより、本当に自分が余命短い病人の様に錯覚するほどの没入感。

手紙を読んで本当に涙を流すちはるちゃんにこちらまだ泣けて来てしまう。

AV作品でこんなに心を動かされたものはかつてない。

他のAV女優や監督もこの作品を見て、なにかを学んでほしいと思う。

それほど魂のこもった秀悦な作品でした。

いっぱつでファンになりました。

普通のドラマでも演技が見てみたい、本物の女優さんだと思う。

素晴しい!!!

泣けるし抜けます!

AVで泣いてしまったのは初めてでした。

これはヤラれます!この場で書き尽くされていますが、健気な宮沢ちはる嬢の演技力がとにかく素晴らしいです。

エロ行為と物語の境目に違和感がなく、雪崩れるように逝きまくるセックスがエロくて圧巻でした!泣けるし抜けます!

えろい

途中のGパンをはいたままの奉仕場面が興奮する。

演技力のある女優でよかった

最後は永久保存もの

前作の乱れまくるちはるちゃんも興奮したが、本作はドラマ仕立てでこれがまた可愛い。

設定にはちょっと無理がある気がするが、なんか素のちはるちゃんが目の前にいるような錯覚に陥る。

そんなプロセスを経ての最後のカラミは、バーチャル感に溢れ感動もの。

ラストの涙を流すシーン・・・マジで感情移入してしまう。

この子は本当に演技力があり、AV女優で終わらせてしまうのがもったいないと感じた。

宮沢ちはるファンなら、この最後のパートだけでも買って損はないと思う。

ちはるちゃんの熱演に涙!

病床に伏せる旦那を健気に介護する宮沢ちはるちゃん。

全編を通して旦那は愛撫をしたり、自ら腰を振ることはしません。

献身的にご奉仕したり、旦那とのセックスを想像しながらオナニーを見せつけたりと、エロシーンをはさみつつドラマが進みます。

そして、涙涙の手紙の朗読。

赤ちゃんがほしいと汗ばむカラダで一生懸命腰を振るちはるちゃん。

コトを終え、最後のセリフ。

アダルトVRで泣けるわけないじゃんと思っていたら、本当に涙腺崩壊してしまった!ほっこりしたり、切ない気持ちを味わえるVRはあるけど、本当に泣けるVRはこれしかないんじゃなかろうか!セックスは騎乗位のみですが、ちはるちゃんが愛おしすぎてしっかりヌケました!

全く他にはないVR

奥さんが悲しくて泣きながら乗っかって喘いでくれるこの設定は観たことない。

ちはるちゃんの演技がこの設定を成立させていて何とも言えない感覚になる。

目が泳いたりセリフを読んでいるがっかり作品より百倍すごい。

欲を言うと時間経過の感じさせ方。

髪型までちょい変化させてくれたらもうひと盛り上がりかも。

宮沢ちはるさんの演技力がとにかく素晴らしい作品

こんなに泣けるAVは初めてです。

とにかく宮沢ちはるさんの演技力が素晴らしい。

結婚してまだ半年という本当ならば楽しく幸せな生活を送っていたはずの2人。

神様はいないのでしょうか。

旦那(俺)が余命1年を宣告されてしまうという悲劇。

お弁当屋さんのアルバイトをしながら旦那を支える宮沢ちはるさん演じる奥さんが健気でかわいすぎて、たまりません。

寝たきりで動けない旦那のために春には桜の花びらを3枚持ち帰ります。

もうこれだけで熱々の出来たてのご飯が3杯はいただけます。

泣きながら。

ちはるさん演じる奥さんが余命半年の旦那のために書いたラブレターを読むシーン。

大号泣でございます。

VRゴーグルが曇って曇ってやれません。

宮沢ちはるさんは奥さんを演じていません。

もう奥さんそのものです。

鼻を真っ赤にして涙を流して声を詰まらせながら、あなたが死んでも大事に育てるから、あなたの子どもを産みたいというラブレターを読み上げます。

この数分間。

もう涙腺崩壊滝脱糞でございます。

もうVRゴーグルが曇ってしまい、前が何も見えなくなります。

熱々の出来たてのご飯が5杯はいけます。

泣きながら。

鼻水垂らしながらですから、塩味です。

そして始まる愛の行為。

ちはるさんも悶えながらも泣いています。

激シコです。

泣きながら。

そして1年後。

子どもを抱いたちはるさん。

無事にお子さんが生まれてきたのを見て、もう枯れたはずの涙がまだ出てきました。

熱々の出来たてのご飯が2杯いけました。

「お父さんは頑張り屋さんなのよ」と子どもとこちらを見ながら話しかけるちはるさん。

あ~、もう旦那が寝ていた布団も見えないし、旦那は亡くなったのかな~…仏壇の遺影を見ながら話しているのかな~と思いました…が、しかし!!次の瞬間、ちはるさんの口から出た一言…「もう一人、作っちゃおうか?笑」もう涙は枯れ果てました。

ごめんなさい。

そして、ありがとう。

旦那(俺)は生きていました。

余命1年と宣告された病気が奇跡的に完治したのでしょう。

よかった。

ホンマによかった。

神様はいました。

こんなシコれて泣けるAVは初めてでした。

宮沢ちはるさんの演技力、ホンマに自然でスゴイですね。

間違いなく、傑作純愛AVです。

本編はこちらから