【小口田桂子】真野恵〇菜似 – 囚われの聖肛女 くいこみ拷問牢 浣腸蟻地獄 小口田桂子

本編はこちらから

なんか幼稚な感じでグッとこなかったですね。

なんか女優さんを大事に大事に責めてる感じで今一グッときませんでした。

さらに言えばいたぶるだけで快楽があまり無い様な感じ。

昔のロマンポルノを見ている様な感覚になってしまいました。

不満点もあるが、楽しめた作品だった

女優は良かった思う。

内容も総じてアナルSEXが無かった点を除けばまあまあ満足できる内容だったと個人的には感じた。

良かった点・瘤付き縄跨ぎ・・食い込み具合や角度など評価できる。

あと鞭効果もある。

ダメな作品では「女優股間が擦れて痛いだけだろう」と思う作品や「緩くてほとんど効果がないだろう」と感じる作品や「アナルが擦れて痛いだろう」と思う作品など多々あるので。

・足による旗の上げ下げ・・くだらなさが良かった。

SMには理不尽な行為やくだらない行為など多少なりとも必要である。

ただ女優は辛かったと思う。

最初から開脚で行えば更に良かった点と、ボールギャグによる涎などで辛さを表現させるなど工夫があっても良かったと思う。

・浣腸~排泄プレイ・・何度も浣腸を行い、最後まで腸内を綺麗にする行為を行った不満だった点・棒読みのその他大勢の見物人・アナルSEXが無かった事(何の為に何度も浣腸したのか?)・終盤の写真撮影など

2014年のSM界の収穫・小口田桂子

今作は昭和の「シスターL」に匹敵する、平成のシスターSMモノの大傑作である。

悪徳不動産業者の罠に落ち、浣腸責めされる前、アヌスを自ら説明する小口田桂子のセリフがいい。

「アヌスは、肛門のことです。

肛門は、ウンチが出る穴です。

桂子のウンチが出る穴に浣腸して、気が済むまで虐めてください。

神に背き、アナルオナニーばかりしているこの背徳な聖職者をどうかお赦しください」彼女の魅力は大きな尻とデカ乳首だが、本作はどちらもよく責められている。

さらに全身スケベ語ペインティングなど、マゾ性をよく引き出している。

どことなく吉高由里子に似ている美人の小口田桂子だが、今後もこのようなSM作品にも出てほしい。

文句なく、2014年のSM作品ナンバーワンである。

本番はありませんのでご注意ください

きれいなヒップラインは素敵です。

M気がめちゃめちゃ強い方ですので、見ていて興奮はしました。

乳首を吸引機で吸われるところが良かったです。

あとは、タイトルにあるとおりの肛門への拷問なのですが、まだまだ甘いです。

もっと浣腸の量も増やせるでしょうし、いろんなことができるポテンシャルの高い女優さんだと思うので、満足できませんでした。

本番なしてー!!!!!

散々盛り上げといて本番無してかー!!!ふざけんなよー!マニアはこんなんで納得できんのかー!詐欺やでこれ!

やっぱり、女優さん

やっぱり、女優さんがいいとしか言えないですね。

主演の小口田桂子さんのシスター姿がとても可愛いく、そしてすごく清楚な感じが出ていて素晴らしいと思いました。

そんな桂子さんが様々なSMの責めに素晴らしいプロポーション(ウエストからヒップ太腿のライン)をくねらせて悶絶する姿は、見ていて興奮してしまいます。

他のSM作品と比べても、こんなに美人の女優さんが出演しているのは無いと思います。

桂子さんを見る、それだけでも価値がある作品と思います。

涙流してもがんばって責めを受け続けた桂子さんをハグして頭撫でてあげたくほど、健気に感じました。

頑張ったね。

桂子さん

真野恵〇菜似

確かに本番無しのAVなのでその点、マイナスポイントになる。

また、お仕置きがユルイ。

というか幼稚。

全裸に縄かけて、と、此処までは良いのだけれどそこでやらせるのが、足の指に白旗赤旗挟んでの旗揚げゲーム・・・とまれ、小口田桂子嬢は、アイドルの真野恵○菜さんに似た愛らしい顔立ち。

でSMプレイに喘ぐ姿は、とてもそそる。

本編はこちらから