【小林愛弓】インタビューもなくひたすらハメられる驚異のデビュー作 – Brand New Girl 小林愛弓

本編はこちらから

よくも悪くも素人モノですな

かわいいとは思いますが、それだけです。

街行くおしゃれなこがこんなHするんだろうなぁと想像しながら見ればよいのでは。

狙ってでしょうが無理に着衣プレーにしなくてもよかったかな。

初愛弓嬢でしたが別の作品が見たいとは思いませんね。

ファッション誌を意識した

作品だがいかんせんパンチが足りない デビュー作品と考えたとしても物足りない

満足新人

久々に見た満足新人。

こんな無名メーカーじゃなけりゃもっと売れるだろうに・・。

エスワンデューなら間違いなくトップ。

2本目が待ちどうしい。

普通のSEX

パケ写ほど実物はあまり可愛くない。

内容もおしゃれな恋人同士のカラミというのが主体のようでエロさは皆無。

バックスタイルでの潮吹きシーンが一番良かったところ。

全裸が無かったような

スレンダーというか華奢。

ほとんど無駄なお肉は付いていない。

といっても女性らしい柔らかさはある。

顔は、パケ写とはだいぶイメージが違うが美形だと思う。

絡みも変に演技くさくないので良い。

本当にモデル系美女のH

美しい女の子のHは目の保養になります。

これから彼女がAVでどのように成長するか期待大です。

ブランド『女』

2006年1月号のDMMの表紙を飾った女の子。

まさに,ブランド『女』。

あまり凝った変な女優名じゃなく,「小林愛弓」って名前も普通で良い。

エッチも,ごく普通。

この際,抜けるか抜けないかは,どちらでも良い。

モデル級女優ですが

普段は超美形だが、SEXシーンでは乱れ気味?街中でのシーンやイメージシーンを沢山入れてギャップを協調して欲しかった。

スリムなウエストももっと協調して欲しかった。

これでは他のAVと大差なく・・・・残念

なかなか

正直パケ写より若干劣る感じもしますが、今どきのおしゃれな娘という感じでよいと思います。

あと、体質なのか、結構白目を剥いたりしています。

そういうのが好きな人には良いと思います。

インタビューもなくひたすらハメられる驚異のデビュー作

「現役音大生」としてVシネマやイメージビデオ等で活躍していた「小林愛弓」のAVデビュー作。

元芸能人の「デビュー作」にしては、オープニングであっさりとハメられる等、まるで「AV出演20本目」のようなひどい扱いをうけている。

デビュー作でインタビューもなく、「ひたすら本番シーンの連続」というのは、なかなか珍しいモノがある。

おかげで1作目から小林愛弓のセックスをたっぷりと堪能できたが、反面、デビュー作特有の「初々しさ」は、まったく感じられなかった。

これほどの逸材をこんないい加減にデビューさせて良かったのだろうか・・・。

本編はこちらから