【小西悠】ねっとり濃厚 – 猛烈なKISSと絡み合う肉体 小西悠

本編はこちらから

服着た作品も見たい

プレステ在籍の頃でさえ、良作を生みだした実力者だけあって、ムーディーズ制作の本作でもその実力を遺憾無く発揮。

パンティに手を突っ込まれた時の敏感な反応がたまらない。

さらに最後のじった氏との絡みでは鏡やガラスに写った自分とのエロいキスが最高でした。

クールビューティの濃厚セックス

やはりAVは美女の情熱的な濃厚セックスが最高です。

男女の真剣な肉体と心の絡みが観ることが出来て最高です。

小西悠さんは好みのタイプでしたが、なかなか気に入った作品が見当たりませんでした。

本作品は初めての大当たりです。

本作品の悠さんは、可愛さとクールビューティを兼ね備えた表情で、とてもエロかった。

作品の内容では、シーン1の超濃厚絡みから、悠さんがたまらずテーブル上に愛液を吹き出してしまうシーンが、とても衝撃的でした。

またシーン3では、イメージの鏡に映る悠さんが、とても美しく妖艶でした。

そして上が水色と黒模様ツートンの着衣、下が白の超ミニスカ、私がすごく衣装です。

この着衣での前戯。

憂いを含んだ端正な瞳で、男をじ~と見つめて、じらしにじらした末唇を重ね、やがて舌を絡み合わせ、漏れる吐息も徐々に激しくなり、やがてもつれ合うようにベットへ・・・この私好みの衣装での上記のプレイが、結構長かったのも良かった。

濃厚セックスもの中でも、本作品「猛烈なKISSシリーズ」が、最も男女の激しいセックスシーンが、満載だった様な気がします。

本作品はかなり過去のものですが、本作品の様なエロ可愛い女優さんの、情熱的かつ獣的なセックスシーンを更に展開していただきたいて思います。

猛烈なKISSと絡み合う肉体

なんか紋℃に作り方を教わったような感じだね山川・木下・里美を見た感じと変わらない監督が変わったら少しは変わらないとおかしいのではないか大島、花岡の起用、若手には尺八洗面所からベッドの移動、夜の部屋でやや照明を当てる同じような作風であってもE-BODYや交わる体液と変化をつけてもらわんと違うメーカーなんだからなんかマニュアルでもあるんかなこういうのが正解だと言うのはないはずなんだから個性がないよなこういうのが撮りたいんだよってのが何も見えてこない女優さんはクール美人ですが、男優も含めてそれ故に淡々とやってるようにしか思えんね

ねっとり濃厚

とびきり可愛いというわけではありませんが、いやらしいプレイを見せてくれますね。

安定してるし、表情がエロい。

絡みもねっとり濃厚で、抜けました。

本編はこちらから