【小野寺梨紗】苦悩の梨が見たいから。 – Anal Device Bondage VI 鉄拘束アナル拷問 小野寺梨紗

本編はこちらから

もっと陰湿で激しいプレーを希望

全編を通して全裸姿のきれいな身体をスチール噐具で拘束して数々の激しいアナル責めプレーが見られます。内容的には悪くありませんが、このシリーズも6作目となり、ストーリーと責めの内容がマンネリ化してきている感じがします。

たとえば1.苦悩の梨をマ○コとアナルへ2穴同時に挿入して拡張後、一機に引き抜く。

2.マ○コとアナルを同時にクスコで拡張して金属デイルドで中を掻き回す。

3.開脚固定状態でアナルをクスコ拡張して内部を晒し、尿道にもブージー棒を挿入してクスコとブージー棒の各々に電極を繋いで電気を流す。

4.さらにクスコで拡張されたアナルに時間をかけてじっくりと極長ディルドを直腸の最奥部に達するまでの挿入を行う。

5.毎回、最後のチャプターではマングリ固定状態で色の付いた液体を浣腸するが、顔射のみでは無く浣腸後にスチール・ロッキング・アナルプラグなどで排泄ができない状態にしてしまい激しい苦痛を味あわせた後で一機に大量排泄させる。

などなど、変態的なプレーができる女優はかなり限定されると思いますが、もっともっと陰湿で、えげつないプレーを織り交ぜて欲しいと思います。

羞恥苦痛の限界に達するシーンを見られるのがこのシリーズの真骨頂だと思いますので、今後も進化を期待しています。

すばらしい

梨沙さん、きれいなからだしてますね。

全場面全裸というのも彼女の素晴らしさを強調して特に良かったです。

表情も最初のビンタがうれしい笑顔?から、大口、寄せ目、舌だしから白目までいつも変わっていて、それがファニーでかわいい・・ファンになりました。

ただ、すこし実況放送しすぎでやかましい・・の感じはありますが(梨沙さんはストリッパーもやっているそうですが、その(舞台)せいではないと思いますが)・・自分的には「今の方が彼女に良く似合っていて好き」です。

題名からすると、もう少し多くのAnalDevice(男性のもの以外)が出てきたら良かったと思いますが、女優さんや放映時間などの都合もあり、このくらいが限度かな・・と言う気もします。

いずれにしても、すばらしかったです。

続編があればまた見たいですね。

最後に一つだけ・・途中から左乳房に薄いしみのようなものが多数ついてますが、これ、最初につねられた跡ですか?

苦悩の梨が見たいから。

表情とアナルを交互に画面が移るため苦悩の梨が作動しているのか確認できない。

苦悩の梨を開いた状態でアナルから引き抜くシーンでは画面が一瞬切り替わり引き抜いたかの様に見える遠近法を使った小細工がどうも気に入りませんでした。

撮影手法と女優の演技力で作品が成り立っている用に見えます。

アナルの入り口をクスコで拡張し金属棒の挿入シーンではクスコを挿入しただけの見慣れた映像と違い拷問らしさが今回も表現されていて良かった。

アナルフックを吊り上げるシーンではチェーンが緩くすぐに取れそうで拷問には見えない。

欲を言えば浣腸してから栓をして自分の意思とは関係なく栓が取れない様に貞操帯などを装着してお腹がパンパンな状態でのFUCKが見たい。

本編はこちらから