【山岸逢花】彼女の場合… – ご主人様不在の一週間、陰湿な執事に中出しされ続けています… 山岸逢花

本編はこちらから

逢花嬢、勝手に堕ちちゃった

根がエロい逢花嬢がメイドに扮して執事役の田淵にいたぶられる作品。

何となく観ていたが、気づいたら逢花嬢勝手に堕ちちゃってチンポの虜になってました。

逢花嬢は体型がイマイチなのと本作は私の好きな全裸シーンがほとんどないのが残念。

主人が帰って来た後の最後のカラダピクピクシーンはわざとらしいのでいらないかな。

次回作でも田淵とのカラミがあるようなので、それに期待して本作は売却で。

お粗末な作品

攻め痴女キャラのほうが持ち味を発揮する女優さんなので、本作のように一方的に陵●される作品はあまり合っていない(メイド服も合っていない)。

執事役の田淵氏にもいつものねっとりした味わいが欠けている。

レトロ感が中途半端なストーリーにも深みがない。

「主人に忠実なメイドが、執事の理不尽な陵●で淫乱女にされてしまう」というのがテーマなのだろうが、逢花嬢の生硬な演技もあって、そういう味わいは出ていない。

田淵氏のパワハラセクハラもストレート過ぎる。

結末もお粗末だ。

男の性処理メイド

男の性処理メイドに仕立てられた山岸逢花。

最初,3人の女が出演していますが,やはり,適任者は山岸逢花。

フェラさせればテク抜群だし,イラマぎみのフェラにも対応する,鍛え上げられた口性器。

そして,生ハメからのオ○ンコ中出し。

もはや,全編,安定したチ○ポ好き女のプレイぶり,一週間分なら,最低でも7発だけど・・・。

まあ,一週間分のエッチを150分に集約するのは無理がある。

でも,山岸逢花なら,毎日,毎日,ヤリ続けるだけのエロ強さは持っている。

なので,私生活でもヤリまくり,女優としてもヤリマンAV女優を目指してほしい。

イイ女は良い。

どちらかと言えば痴女系で男を●す方がハマるけど、やはり逢花さんは美しい。

まず、出会うことも無く、当然セックスなどしたくても出来ない女がセックスしている姿が見られる。

その姿は、美しくもあり、色気、エロさもありヌケる。

今いる女優の中でも個人的に最高レベル。

電マからの弄びシーンでアナルも良く見えたり、内容は堕ちていくパターンと普通です。

でも、逢花さんの裸、セックスする姿が見られるだけで良い。

作品として女優を綺麗に撮れている。

逢花さんの他の作品も同様で良い。

個人的には女上司と相部屋の方が好きですが、責められる逢花さんの作品が少ないので、男としてこんな女を責めてセックスしたいという希望の映像化として評価しました。

彼女の場合…

やはり痴女モノの方が数段、興奮度が上がるなぁー…言いなりにされるがままって言うのは彼女の個性…死んじゃってるよなぁー..犯させモノでも最後は自らチ○ポを欲するプレイで男を手玉に取る…そんなプレイがあればまだ味変ではないが…興奮度が上がったかもしれない…ヤラレ作品であっても何らかの爪痕を残すのが彼女の魅力だと思うんだけどなぁー…
本編はこちらから