【山科茜】う~ん。いいですよ。 – 女教師堕ちる アナル残酷物語 山科茜

本編はこちらから

是非見るべき

魅力のある女優さんで色気があり楽しませてくれる。

ハードな責めに一層魅力が増す、他の作品も見てみたくなる。

汚い責めですねー

「学用患者5」をレンタルして、山崎茜出演作品を探していて数少ない中から見つけた貴重なSM作品だと思って視聴してみましたが、途中のストーリーや責めはまずまずですが、足で顔を踏みつけたり、SMとしては邪道かなと感じる。

せっかくの山崎さんの魅力がまるで感じられなくなっている。

嗜好の問題ですかね

せっかくギロチン拘束でポンプ式のアナルプラグを突っ込んだのだから、鼻ではなく徹底的にアナルを責めて欲しかった。

全体を通して尻責めというよりは半分以上が鼻責めですね。

自分の趣味ではないので星は3つですが、マニアには堪らないのではないでしょうか。

パッケージにある、アナルに火の着いた蝋燭を突っ込んだ吊りは芸術的ですしね。

あ~でもやっぱり、アナル責めの比率が少ないことが悔やまれます。

イマイチ

最初に女優の腹、尻、太ももがブヨブヨしていてガッカリ。

ストーリーは弱みを握られ仕方なく言いなりに、という内容。

責めは一通りこなしてます。

浣腸シーンはマングリ返しの状態であまり出ないまま終わり。

自分的にはとても傑作とは言い難いな。

フェロモン。

熟女のフェロモンがいっぱい。

体型でいえばもう少し胸が大きいとカンペキ。

吊りとかが唐突でちょっと流れを切ってる。

シネマジックの数少ない傑作

視聴者の以前2者の評価が分かれていますが、個人的には、本作品は内容、マニア度、出演者、アングル等、総合的にみて、お奨めできるものと感じました。

定型的な責めを一通り盛り込めば、視聴者が満足すると考え違いしているのではと毎回がっかりさせられるシネマジック作品の中では、数少ない傑作の1つです。

監督の嗜好で、鼻責め、アナルに拘りがみられますが、マニアにとっては好ましく、それを受けて更に被虐感を高める山科茜嬢は素晴らしい。

SMの真髄

監督の独特の感性が1作ごとにたかまってきている作品。

執拗な責めにもがく、すすり泣くという古典的なSMの真骨頂という感じ。

足の指での鼻責めは独特な世界をつくりだしていて、縄がくいこむ主演女優もたまりません。

いやー僕はこのシリーズのファンです。

次回作も期待してきます。

よくをいえば、鞭、ろうそく、アナル責めもほどよくありますが、鼻責めはさすがに凄いのひとこと。

う~ん。いいですよ。

いいですね。

雰囲気いいし,熟女のいやらしさもでていい感じ。

ギャーギャー喚かせるばかりのとは違います。

(そういうのも好きですけどね。

本編はこちらから