【川上奈々美】レーティング4-:買って正解 – 恥辱の教育実習生9 川上奈々美

本編はこちらから

突っ込みどころ多すぎて集中できない

登場人物が指導教師、その他教師、同期実習生と多数で、さらに教育実習期間も意識させリアル感出そうとているが突っ込みどころ多すぎる。

最初の強●で自殺したいほど落ち込んだのに、指導教師に別の事で慰められたくらいではすぐに立ち直れないだろ!股間に電動歯ブラシ当てはその場のあり物感出したかったのか、それともローター使うより教室でバレないと思ったのか。

電動歯ブラシでも結構五月蠅いぞ。

トイレ、体育倉庫で声ひそめての性交も男子実習生が近くで会話し、脚本の台詞らしく熱演しすぎで非常に邪魔。

映像に集中させてくれ。

その後職員室で遅刻の理由を詰問され返答しないってのもあり得ない。

嘘でも答えないと教育実習の単位を失う。

このシーンの意味が理解できん。

ツーショットの合成写真もよく見りゃ別撮りでその手抜きに憤りを感じる。

一番の問題は女性と指導教師に恋愛感情があるように思わせる件。

恋愛感情があったならば、生徒に凌●され情欲に堕ち指導教師との恋を諦める心情変化も有り得たのだが、結局男子生徒の思い込みだけで、女性には恋愛感情が無く、ツーショット写真や指導教師が女性を慰めたり庇ったりしたシーンにたいした意味が無かった事に憤り非常に歯がゆい。

全体の流れは悪くなく女性も最後に生徒との情欲に溺れカラミも凌●感あるが、突っ込まざる得ない箇所が多すぎ作品に集中出来ない。

リアル感出すなら脚本も練り上げ演出も細部にこだわり作ってほしい。

ショートカットが初々しい教育実習生

本当に実在しそうな初々しい教育実習生です。

とてもさわやかで、笑顔がすてきです。

その実習生が、声を出せない状況でレ●プされます。

すべてのSEX場面で、『可愛そう。

でも、もっと痛めつけてくれ!』と願ってしまいました。

吉瀬美智子似

最後の教室でのカラミが全裸なのでよかったです。

(逆にそれ以外のカラミはイマイチでした)唇が吉瀬美智子に似ていて、とてもよかったです。

いいですね。

清純そうでいいですね。

M気質もあるようで、凌●が良く似合います。

ストーリーやシチュエーションは突っ込み所満載ではあるものの、差し引いても見応えありました。

すべての凌●が学校で行われるため、ねっとりとした絡みは見られなかったのが残念です。

できれば保健室でじっくり絡んで欲しかったですね。

スレンダー(貧乳込み)清楚系統が好きな人ならストライクど真ん中でしょう。

下着が綿素材なのはちょっと狙いすぎでは?

BODの高画質バージョンを視聴したのでレビューコメントをお裾分け

【★1000文字を超えるため記述できなかったコメントを公表するために、こちらのページに残りのコメントを投稿させて頂きます。

コメントの本体はBlu-rayのページをご参照ください。

★】川上奈々美さんが本作より3年前にアリスJAPANの「レ○プ学園文化祭ストリップショー」で女生徒を演じ、本作の3年後に再びアリスJAPAN「レ○プ学園文化祭ストリップショー」シリーズの続編で母校に赴任した女教師を演じられた。

メーカー違いながら彼女が女子高生、教育実習生、女教師の順番で出演されて、担当教科が国語で共通していることは興味深い。

しかし、残念ながら舞台となった高校は同じではない。

なぜなら、アリスJAPAN作品のレ○プ学園は、文化祭で女生徒がストリップを演じたという噂から女子の入学志願者がゼロになっていた。

従って、教育実習に来た母校に女生徒がいる本作とは、話が繋がらないからだ。

他のユーザーレビューに対するコメント:1「1人の妄想癖があり自信過剰で自己中心的で異常性格の生徒」という加害者の描写において「妄想癖」という評価は当たっていない。

2「トイレ、体育倉庫で声ひそめての性交も男子実習生が近くで会話し、脚本の台詞らしく熱演しすぎで非常に邪魔」という感想は、私とは真逆で、それは彼女が声を出せない状況を作ると共に、ストーリーの背景がよく伝わって来る効果的な演出だった。

3「その後職員室で遅刻の理由を詰問され返答しないってのもあり得ない」という感想も私とは真逆で、度重なる望まない性交から動揺している心理描写として良いと思う。

彼女が落ち着いていれば「下痢が酷くてトイレから出られなかった」という弁解が可能なのだ。

その場面で私が疑問に感じたことは、彼女が何に遅刻したのか不明なままの演出についてだった。

4「ツーショットの合成写真もよく見りゃ別撮りでその手抜きに憤りを感じる」という感想も私は納得できない。

画面で一瞬見ただけでは判別できないだろう。

ストーリーの流れの中で合成写真であることが証明できて学校では問題にならず落着する展開が面白い。

5「一番の問題は女性と指導教師に恋愛感情があるように思わせる件」という意見にも同意できない。

実際は双方の想いは純粋にプラトニックだったのに、加害者の生徒には肉体関係があるように解釈可能なセリフを2人に言わせたことは、私の目には効果的な演出だった。

陵●シーンが最高

清楚で可愛らしい女優さんです。

演技が上手く、特に最初の陵●シーンでの犯●れ方にリアル感があって、とてもよかったです。

照明もカメラアングルもよく、そそられました。

カラダの美しさがよく表現されていたので、余計に背徳感が際立ってました。

いい作品でした。

奈々美ちゃんが初々しい!

この作品はすでに発表されてから1年以上経っている。

私は当時他の女優ばかりにはまっていて、若い女優を起用しているな位にしか印象に残ってなかった。

しかし脱獄者で奈々美ちゃんファンになってから全ての作品を見てきたが、唯一見ていなかった作品がこの作品だ。

彼女のアタッカーズでのデビュー作をこんなに時間を経て見ることになるなんて。

教育実習生役の彼女は本当に清楚で可愛いく美しい。

現在でも彼女の演技力の高さは定評があるが、この当時からその演技力は抜群だ。

不安と希望が交錯する初々しい教育実習生を見事に演じていて魅了される。

生徒達の前で挨拶する場面の彼女の笑顔は本当に可憐だ。

その笑顔が1人の妄想癖があり自信過剰で自己中心的で異常性格の生徒によって歪められていく。

男の独り善がりの言葉や行動はいまいち納得できないし説得力がないし共感できないしリアリティーに欠けているように思える。

ストーリーは流れとしては良いが細部では話の整合性が合わない部分が多く話の中に入り切れなかった。

だが私にとってそんな細部の破綻はまったく問題はない。

奈々美ちゃんの表情、仕草、声、それさえあれば良い。

彼女の犯●れるシーンのエロさは生唾ものだ。

身体の奥底から発せられる喘ぎの声、悶えの仕草、恍惚の表情、全てに秀逸だ。

最後の全裸での絡みは夕陽に染まった彼女の裸体が美しくて絶品だ。

奈々美ちゃん讃歌のレビューになってしまった。

とってもソフト

局部の結合ははっきり確認できるが、カラミの部分はVシネマかと思うくらいソフトタッチな仕上り。

それだきに女優さんには演技力が要求されるが、見事にそれに応えている。

かわいい女優だけどギャップはない

この女優の作品の中で一番良さそうだった本作を見てみたが、サンプルの編集が良かったのか、思っていたような満足感は得られなかった。

女優さんの雰囲気は、ショートカットで健康的な感じが教育実習生という役にぴったり当てはまっていて、衣装も似合っていて良いと思ったが、抵抗するセリフがわざとらしくて、エロさは感じられなかった。

放課後の教室で堂々と全裸でHとか、体育倉庫の死角でとか、無理のあるシチュエーション、白々しい他先生の芝居、下心のあった教師がただの釣り、お相手の陰気なインテリ生徒のうんちく語りなどなど、なかなか設定に入り込めなかった。

絡みもこの生徒とだけで、校内でしか行われず、声を抑えめでのHばかりで飽きる。

学校以外の室内で、もっと気兼ねなく声を出しての陵●も見たかった。

下心を抱いていた教師に歓迎会の席で酔わされ、ラブホに連れ込まれるとか、友達の溜まり場だった一人暮らしの生徒のむさくるしい男臭そうな部屋で輪●とか、彼女の部屋に生徒たちが押しかけて輪●されてザーメンまみれとか、彼女との行為に飽きたインテリ生徒が言葉巧みに操って外で露出させるとか、胸も小さく、決して肉付きの良いエロい体形とは言えない分、犯●れて堕ちていく感じや恥辱感をもっと出してほしかった。

評価が高いのでDELしたけど…

奈々美はかなりお気に入りのAV女優で、アリス時代の作品、動画で多分、全部、見ています。

「爆イカセ激アクメBAKUGEKI川上奈々美」なんか、とてもniceでした。

さて本作、ともかくツマラナイ! 画質も×。

1点オマケの「3」です。

生徒から性教育を受けた女実習生の今後が楽しみ

国語教師として教育実習を受けるはずが,性教育実習となってしまった女子大生ナナミン。

実習の教育係はなんと男子生徒。

実践形式で女の喜びを教えられていきます。

実習は体育倉庫で始まります。

マットの上に押し倒され,暴れるナナミン。

ブラを押し上げると,可愛い小さなおっぱいがまろび出て,乳首を吸われたり,おっぱいを揉まれると,小さなおっぱいの割には意外に大きな乳首がムクムク。

感じると乳首が勃つことを教えられます。

パンティを脱がされ,オ〇ンコを丸出しにされ,すごく恥ずかしい思いをするナナミン。

でも,まぜか気持ちいい。

見られてオ〇ンコが熱くなることを覚えた瞬間です。

もみくちゃにされながら,挿入,ちょっとショックを受けるナナミン。

ピストンの後,いきなり中出しされます。

子宮に注がれるザーメン。

チ〇ポを抜かれた後も,脚を開いたまま茫然自失。

性教育実習の幕開けです。

性教育は,まずはチ〇ポの味を知ることが大事。

おしゃぶりでその味を覚えていきます。

学校の中で,いつでもどこでも,チ〇ポを咥え,味を仕込まれていきます。

ザーメンを飲まされたり,顔にかけられたり,オ〇ンコの中に出されたりと,ザーメンの味も体全体で覚えていきます。

そして,性教育実習の卒業検定を教室で受けるナナミン。

いろいろな体位でオ〇ンコを突かれ,何回も「逝く~」を連発。

中出しされ大きな絶頂を感じます。

見事,検定合格です。

大学に戻って,性教育実習で感じた自分の弱点を克服することを誓ったナナミンん。

さらに体で男を悦ばせるテクニックを磨くことになるのでしょう。

いい女になって,性教育先生として学校に戻ってくるナナミン先生に期待です。

ストーリーは良く出来てますが…

他の作品のクオリティーが高くなってるせいか、そこまでエロイ作品に仕上がってない、特に堕ちどころのギャップがもの足りない女優の演技力は高いのでいろんな作品にチャレンジしてほしい

夕日を浴びる裸身の美しさに興奮

年齢もそうですが、ショートカットの髪型に、スレンダーで美乳という特徴が、教育実習生という役にぴったりはまった感じで良かったです。

現実の教育実習の時期から考えて、ベージュのパンスト着用というのも自然で好感が持てます。

犯●れるシーンでは放課後ということもあり、夕日らしい光の色で裸身の美しさが引き立つ印象。

できれば、この実習生が正式に教師になった後の作品も作っていただきたい。

レーティング4-:買って正解

内容的には、川上女史作品のいつものパターンなのですが、この作品ではマッシュルームカットがかわいらしく、その点が他にない魅力になっています。

本編はこちらから