【広田繭】お世話になりました – 巨乳名器

本編はこちらから

顔立ちのはっきりした美人

でいいです。

ちょっとお嬢様系でもある。

似てはいないけど吹石一恵を少しイメージした。

体もキレイで各パーツもいいです。

巨乳が売りみたいになってるけど、巨乳は好きじゃないって人にもお勧めできる。

内容は普通だけど、この美貌を見ているだけでそこそこいい。

さらにこの顔でフェラ・・・AVってやっぱり女優で決まる。

女優を活かしていない

この広田繭という女優。

すばらしい美貌と巨乳を兼ね備えているのに、チャチなドラマと演出のせいでその良さを活かしきれていない。

とはいえ女優だけでも見る価値はあり。

美人・巨乳・淫乱・テツマン【広田繭】は90年代最高のAV女優だ!

「序章4」で男優望月未来の強烈ピストンを浴びながらもチ〇ポを求め続け、連続で3回も射精させてなおも余力を残すテツマンぶりを見せつけ衝撃デビューを果たした広田繭の第2作。

今作品では沢木和也とネットリとしたSEXを見せてくれる。

広田繭の巨乳もいいが、ムッチリしたケツがまたいい。沢木がバックに移行した時、思わず「いやらしい尻だ」と一言。

そこからパンパン音をたててど迫力の高速ピストン!そのまま尻射するが、よっぽど気持ちよかったのかザーメンの飛距離がハンパない。その後精子を出しきったチ〇ポで繭のケツを軽く2回たたくシーンがあるが、妙にイヤラシイ。

広田繭という女優。これだけの美貌を持ち、SEXがすこぶる強い。これほど男にとって挑みがいがあって、射精後に征服欲を満たす女優はそういない。傑作中の傑作「序章4」に比べると内容は平凡だが、女優は文句なしに超一級品なのでおススメです。

お世話になりました

まだレンタル店が主流の頃、新作でレンタルして、さらに旧作で1WEEKレンタルしました。

テツマンで男優も何度も懸命にイカセてました。

淫乱美形の先駆者ですね。

本編はこちらから