【愛原理彩】ん~ただのハードSM – 女捜査官 蛇縛の猟辱地獄 愛原理彩

本編はこちらから

ん~

SMというよりは暴行です。

蹴飛ばしたり、殴ったりでした…女優もあまり好みではありませんでした。

暴行系は難しい

内容は殴る蹴るの暴行系だが、それを映像で表現するのは難しい。

たとえ結構な力で暴行していても、女優が頑張って耐えると手加減しているように見えてしまう。

比較的強い暴行の手本は、シネマジックの体罰女学院3だろうか。

生きたヘビをマンコに入れるのも、体罰女学院3以来。

しかし、両作品共になんでシマヘビを使うかな?シマヘビは無毒でも神経質でよく噛み付くのに。

いずれにせよ、暴行を撮るのは難しいからやめたほうがいいのでは?

やりまくり。

愛原理彩ちゃん、ブスっぽいけどかわいい。

最後のウジ虫とかには見てる方もマイったしそんなにイジめなくてもいいのに。

アタカーズ史上最低

女優さんの演技が保育園の発表会レベルな上、キャラクター自身も「気の強い毅然とした」というよりどこにでもいる「パッパーのねえちゃん」と言ったほうがいいし、ストリーを合わせようという努力もない。

アタカーズは駄作も多いが、その中でもピカ一に駄作である。

ドラマ仕立てにするなら、最低のお約束は守るべきであろう。

苛められに適役

愛原理彩のインリン似でスタイルの良いところが苛められ役にはまっている。

蛇や蛆虫の場面が一番ハードで強烈なイメージに仕上っている

まあ~まあ~ですな

もう少し「責め」に、いやらしさがあっても良いと思いますね^^女優も少し若過ぎかな^^

ん~ただのハードSM

女捜査官というよりも、ストーリー性に欠けるハードSMって感じの作品です。

女優さんも普通って感じで、SMものにしても少しもの足りなさを感じます。

本編はこちらから