【愛田奈々】ドイモイ – 寝取られた献身妻 愛田奈々

本編はこちらから

三津なつみ

表情がとってもいい。

体形は変わったけど、表情に面影があって、三津なつみのファンだったモノにはとっても嬉しいですね。

本物のエロい身体

まあ犯●れクイーンとでも言いましょうか、演技が最高ですね!本物の揺れる胸も良い!

おお~!

ストーリーは良く出来ていると思います。

ただ、クロロシーン&失神好きなので、そこの所がどれだけリアリティが出てくれるかを一番重視しています。

その点でも、かなりいい線いってます。

一番びっくりしたのは、愛田嬢が、小〇栄子にそっくりな事です。

体型も似ていますが、顔も「おっ!」と思うくらいです、おススメです!

スタートは良かったが・・・。

拉致って調教ってもう現実離れ。

病院で人妻斡旋って、もう病気レベルの妄想。

そういうファンタジーを楽しみたい人向け。

献身的に努める人妻にそそられる

父親のために自分を犠牲にする夫に知られまいと自分を犠牲にする病床の夫に献身的に尽くし、自分を犯した悪人に尽くし、ピンサロ客に尽くし献身的になるも自ら求める様な堕ち方をしないところがイイ献身的な妻の姿、夫に知られまいとする姿、お客をとる姿、そそられます人妻から未亡人になって乱れる、これから色々な相手をさせられる絶望感がイイ全体的に人妻に漂う悲壮感がそそられる拒否・抵抗などはないけど、犯●れることことを受け入れるけど、心まで堕ちていないところがそそられるやや歳がいってて化粧がとれたときに劣化が見られるけどそれを差し引いてもイイ

ドイモイ

やや配役的に年齢が行き過ぎているかな。

熟れた愛田さんとおっさんの純愛では少し無理がある。

仲の良い夫婦で十分だったのでは。

内容的には抜群、ストーリーも良く、撮りも秀逸、辱め、嬲り、屈服、諦観、凌●感が全編にちりばめられ飽きない。

愛田さんに良く合った作品の流れ、レ●プでは無く親の借金で屈服させられ身体を差し出す女の悲哀が良く描かれている。

ラストの描き方として、夫の前で快楽に崩れ艶声を絶叫して往くような派手さがあれば私的にはもっと良かったような。

夫は逝き、妻が往くようなエンディングも嗜虐的。

しかし、傑作の域に入る作品。

本編はこちらから