【愛花沙也】どのへんが「お父さんの身代りになります」なのか – お父さんの身代りになります。 私、どうしようもないほど堕ちてゆく…。 愛花沙也

本編はこちらから

どのへんが「お父さんの身代りになります」なのか

愛花沙也ということで楽しみにしてたんだけど「私がお父さんの借金を返しますから!」という話を想定してたらもともと娘は担保になってて他に選択肢がなかった。

ファーストレ●プ?から抵抗らしい抵抗はないし、その後も積極的に運命を受け入れるでもなく、堕ちていく自分をどう思ってるのかもわからず、なすがままにセックスしてるだけで悲壮感や被虐感がまるでない。

総じて展開がダラダラなのは計画的にじっくり娘を調教する気なんだな、と好意的に受け止めようとも思ったんだけど中出ししたらかえってメンテが大変になるんでね?という疑問も残ったり(まあそれはこの作品に限った話ではないんだけどね)。

愛花沙也が凌●されるのを期待してるならプレステージの「彼氏の前で犯●れて…」や「バイト先の先輩らに輪●された女子大生」のほうが興奮できると思う。

本編はこちらから