【愛音まひろ】露出女子とAV女優の不思議な出会いが面白い。 – 露出に目覚めた女子校生と露出に憧れるAV女優

本編はこちらから

良いとしか言えない!!

こう言うAVを見たかったんですよ!!純粋に露出するだけのAV一応本番シーンも出ますが撮影所での「シーン」としてなので気になりません。

AVに本番を求めない真の「HENTAI」にはこれ以上の満足感を味わせてくれるものは無いでしょう。

唯一1秒も飛ばさず最後まで見た作品です。

他の人が高評価を出しているのも首肯けます、それほどの良作です。

個人的には後半ヒヤヒヤしましたし「何でそこから移動すんのよ!」ってツッコミを入れたくなる場面も多々ありましたがそんな事も全て含めて良い作品だと思いました。

露出中にレ●プされたりする事はないので強●物が嫌いな人でも安心して見れます。

露出の快楽にはまっていく女子高生と路地で出会えたら最高でしょうね

冒頭に女子高生役の愛音まひろさんが閑散とした住宅地の路地を背筋をのばし、表情を凛として全裸で歩きAV女優とすれ違うシーンが置かれ、そこに至ることになった理由を喫茶店で再会したAV女優に語るという、過去と現在を行き来しうまく構成したシナリオに引き込まれる。

最初は教室で始まった露出への興味の芽生えが、AV女優との出会いによって、より快楽を求めてエスカレートし、喫茶店での全裸オナニーで開花するストーリーは、自然であり腑に落ちるようになっている。

愛音まひろさんは全裸にはなるのですが、セックスシーンがないので、この作品では興奮度を高めるまでとし、別ので抜くことにしていますが、実際に路地で露出している女子高生と出会えたら最高でしょうね、と思わされる内容になっています。

AVというより、露出の映像作品として、露出がもたらす快楽が伝わるようシナリオがしっかりと練られており、動画撮影も野外、室内いずれもきれいに見やすく撮れていることを評価して★5としました。

AV? Vシネ?

センスの良いVシネの様な作品です。

実用性には乏しいかもしれませんが、面白く拝見出来ました。

露出AVも下手なヤラセなら、いっそドラマにすれば良い気がしてきました。

新しい流れを予感させる作品です。

教室のシーン

放課後の教室の教室でこういうことするのは変態のみんななら一度は妄想したはず これはそれを楽しめるね

露出ドラマ

露出をテーマにしたドラマ。

心理描写がよく描けていて、引き込まれるように見てしまいました。

自主的露出好きの人には超オススメです。

シリーズ化を!!

久し振りに、ほとんど早く送りせずに見られました。

卒業式~に続きヒットです。

心理描写がしっかりしたには惹かれますね!!次回作に期待大です。

露出に目覚めた女子高生と露出に憧れるAV女優

露出狂の女(成人映画)や最初で最後の卒業式露出とリンクしている?私のベスト3です。

女優の呼吸や心音などの描写がよかった真性露出もののシリーズを作ってもらいたい。

演技が光ってるね!

AV女優はSEXだけしてればいい、というものではない。

女優という肩書きがつく以上、演技ができなくてはダメだ。

そういう意味では、2人のAV女優さんが上手く演じていたと思うし、露出をテーマにしたドラマとしてはレベルが高いと思う。

ただ・・・喫茶店での露出にしても、教室や廃墟のボーリング場、野外での露出にしても、物足りないというか、人がいないところ、見ていないところでの露出はリアリティーに欠ける。

AVはやはり抜きどころがないと、たとえいい作品でもユーザーから敬遠される。

その点、この作品は一ノ瀬アメリちゃんのSEXシーンをドラマの最後にもってきている。

その小憎い演出が高評価の理由。

濃厚なドラマ

アダルトビデオというかロマンポルノ?女優さんの演技が良く、物語に引き込まれるので、世界観として面白く見れる。

炎天下の露出シーン、女優から流れる汗が良い。

たまに見るならこんなAV

ゆっくり見られる時にどうぞ。

「いますぐぬきたい!」という場合は別な方へ。

ストーリーがちゃんとあります。

飛ばし見必至

かなりストーリーが凝っている印象を受けた。

ただ、それ故かどうでもいいクソつまらん演出をずーーーっと見せつけられるのはストレスじゃが。

特にAV女優が露出してる女に会ってからの展開が超つまらん。

抜きどころはない。

露出してる女とAV女優がカフェでコミュニケーションをとるシーンがあるのだが、クソつまらん下手くそな演技(会話やオ.ナニーなど)を長々と見せつけられる。

まだ可愛ければ許容できたが双方とも並以下の顔。

イラッと来る。

どういう層をターゲットにしてるのか分からん。

露出物が好きな人にはそういうシーンが少なくて物足りないだろうし、羞恥物が好きな人にとっては演技が下手すぎて恥じらいなんか途中から一切感じさせなくて自ら露出してるし本番シーンはほとんど無いと言っていいし…意味不明じゃが。

再度言うが抜きどころはないじゃが!

宮瀬博教監督!抜群

露出に目覚めたJK。

ロリ系愛音まひろ刺激を求めて露出に憧れるAV女優役。

セクシーな一ノ瀬アメリ露出を巡る2人の女の心情のエロさを上手く表現しているストーリー!絶妙喫茶店で、2人でノーパンになったり。

教室や野外でドキドキしながら全裸で歩き出すシーン!抜群宮瀬博教監督のAVドラマ。

クオリティーが高い。

非常によい

全編シナリオのある露出ドラマですが、世に氾濫する、カラミメインの露出モノとは一線を画する出来です。

程よく素晴らしい

羞恥心が上手く描かれています。

痴女ではなく性癖による羞恥が素晴らしい。

もっと見たくなる作品です。

できれば学校の中での活動をもっと見てみたいな。

次回作も期待する

「最初で最後の卒業式露出」と同じスタッフさんということで期待して見ましたストーリーは前作の方が面白いのですが、露出の内面を描写する作品は貴重なので見る価値はありです映像的にはこっちの方が過激ですしこの監督さんは本当に露出狂ではないでしょうか?そう思えるくらい上手いですもっと色んなパターンの作品が見たいのでがんばって作り続けて欲しいです

露出女子とAV女優の不思議な出会いが面白い。

2019年2月のSODクリエイト作品30%割引プラスワンセール時に旧作を探して見つけ出した、女子高生の露出関連3作品:「アノ娘の露出はアタシのモノ」、「バレイキ女子校生」および本作は、タイプが異なるけれど傑作揃いです。

発売から7年以上も経った本作は、今でもDOD版なら購入できて幸いでした。

本作は、様々なタイプの露出の一例だけを取り上げて、1人の女の子が露出に目覚め、露出レベルが次第にエスカレートしていく過程が、腑に落ちるストーリー仕立てになって、不思議と納得できました。

女の子から露出行為のストーリーを引き出す役割をスランプ気味のAV女優に担わせたことが、結果的に女の子を助け、そのAV女優の成長にも役立ったということで、大変興味深い結末でした。

本作で見せる露出の行動型を「バレイキ女子校生」の4つの型から選ぶなら「ダイバー型」が近いかな? 衣服を脱いだ場所に残し、どれくらい遠くまで行って戻れるかを楽しむ。

恥ずかしくて歩き方が前かがみの姿勢になることまで似ている。

2人を演じる女優の体形が極端に違い、低身長で脚が短い幼児体形の女子高生(刈谷蘭)役と高身長で腰が括れて脚が非常に長いAV女優(野瀬リルム)役との対比が面白い。

高評価なコメントが多い中で、★1つのユーザーレビューコメントが1件だけありますが、本作に対する私の感想とは真逆でした。

本作を絶賛するコメントばかりだった時に、最後にそんな投稿で【どういう層をターゲットにしてるのか分からん】という無知な意見まで述べるとは、どんなつもりだったのかしら?やはり、一口に露出ファンと言っても、個人の嗜好は千差万別です。

露出にセックスは不要という派とセックスが必須という派に二分されるのかな? 私は両方とも好きで、要は内容次第です。

ユーザーレビューコメントに度々登場する作品名が気になって調べたら「最初で最後の卒業式露出」。

現在DODで購入できるとのこと。

これから注文して取り寄せます。

【追記2019/04/25】本作はイクときの表現に「バレイキ女子校生」のような「失禁」を使用しなかったところが偉い!・蘭の「半分イク」が面白い。

半分だけだから股間に液体が溢れないで済むんだね?・リルムが誰もいない廃ボウリング場で全裸で立ってオナニーしてイッた時、半透明な粘液(おそらくローションを使用したか?)が股間に滴っていた。

本編はこちらから