【日向りのあ】沙雪似 – 美乳 日向りのあ

本編はこちらから

このおっぱいはサイコー

とにかくデビュー作とは思えない程、いやらしいです。

やった事無いとか、インタビューで答えておりますが、これはかなりやってますね。

モテそうだし。

おなかがどうのとか言う意見もありましたが、全体的にウエストは細いです。

ああいう無理な体位をすれば、どんなに細い女優さんでも三段腹になりますよ。

とにかく、サイコーでした。

フェラテクもすごいし、最後の3Pもいやらしくて久々に2回抜いてしまいました。

迷ってる方ぜひ、お試しあれ。

好みは好み

確かに吹き出物とか気になるけど、いかにもデビュー作という、薄めな性反応が好み。

ややハスキーな声も、顔立ちも悪くはない。

濡れてるケツ毛がリアルで良い。

正常位は腹が気になるw 今後の成長(性感含む)に期待。

微妙・・・

パケ写のイメージで期待していると、ちょっと肩透かしをくうかもしれません。

顔はほとんどパケ写どおりでキリッとした印象ですが、鼻の横にファンデーションを塗りたくっても隠しきれないくらい大きな吹き出物があって、ちょっと引きました。

セックスのシーンではプルプル揺れる三段腹が気になりました。

これでは、天然巨乳の魅力も半減です。

未処理のケツ毛と肛門の横にある大きなホクロが印象に残ったくらいで、全体的にはいまいちパッとしない内容でした。

まあ、デビュー作ならこんなもんでしょう。

顔の吹き出物を消して、体を絞ればかなり良くなりそうな素材ではあります。

純朴美乳

揉みがいあるお乳の日向りのあちゃん、福島訛がおぼこ娘で可愛いですね。

絡みはソフトでお披露目といった風情でしょうか。

急がずゆっくりと調教して欲しいです。

日向りのあ最高の身体☆

個人差はあれど、りのあの身体は凄い☆いや、もしこの日向りのあが、誘ってくれたならば・・・。

たぶん、大抵の男性は喜ぶことでしょう。

ラインといい、顏立ちといい、ベストショット満載ですね。

間違いなく最高の女性でしょう。

サンプル含め、他のサイトでもチェックしましたが、もう、この日向りのあが、今世紀最大!?の、最高の現時点でのAV嬢です!即購入を決めました☆また、感想でレビュー送りたいのですが、たぶんダメでしょうね(笑)早くみたい☆☆☆ムーディーズ!素晴らしい☆よくこんな娘がいました。

感激!!日向りのあの胸に、男なら一度は、抱かれてみたいものです☆がんばれ!りのあ☆!

変態志願の乳フェイス

おっぱい自慢の新人女優「日向(ひなた)りのあ」のAVデビュー作。

「フツーのセックスでは物足りない」という理由でAVデビューを決意した「変態志願」の女の子。

まだまだデビューしたばかりで多少の「ぎこちなさ」こそあるが、「とりあえず、Hな事はなんでもやってみよう」という積極性が十分にうかがえる。

画面からは、「いつもと違うHをするのが楽しくて仕方ない」というオーラがバンバン出ている。

今後、「恥ずかしさ」さえ消えれば、「ド淫乱」に化ける逸材。

ただ、タイトルで打ち出しているような「美乳」の持ち主かと聞かれると、ちょっと疑問が残る。

確かに「巨乳」ではあるが、「美乳」と呼ぶほどでもない。

余談だが、その分、下の毛は、濃い。

美乳・・・

本当に美乳だけの内容でした・・・タイトルは正しい!女優さんなんだから、肌の手入れしてから出演して下さい。

日向りのあ

美乳というタイトルほど美乳とは感じなかった。

美人ではないが好みは分かれるかもしれない。

デビューにありがちな自己紹介がちょっとうっとうしい

むっちりでエロい

笑顔がなによりいい。

パケ写は騙しじゃないでしょう。

美乳はともかくむっちり体型でそそります。

お腹が段になるのはご愛嬌で。

普通

おっぱい好きはなかなかですが、だけど、期待するほどでもなかったような、次に期待したい。

久々に・・・

パッケージに騙されました・・・まるで別人ですね、5分で見るのヤメましたスタイルも美乳??って感じです期待しすぎに注意!!

ジャケ写とは違って…

タイトル通りの美乳でおっぱいは本当にきれいです。

デビュー作にしてはあまり女優に緊張感が見られなかった点が残念ではありましたが、絡みも程よく特にこれといった不満な点はありません。

強いて不満な点を挙げると、ジャケ写では知的で包み込んでくれるお姉さんといった印象を受けたのですが、しゃべり方から判断すると、とてもバカっぽく思いました。

この壁が許容範囲でしたら購入を考えてもいいかもしれません。

沙雪似

ちょっとオカマみたいに見える日向りのあ。

おっぱいはやわらかそうで大きく合格点。

沙雪のように見える部分があり若干似ている。

いきなり3PもこなしておりWフェラも披露。

内容はいまひとつだが次に期待がもてそうだ
本編はこちらから