【早乙女らぶ】実にもったいない – 発情女子校生

本編はこちらから

ストーリー重視?

主演の初美沙希ちゃんが熱演しています。

生理前に押さえきれない性欲で男を誘う、いや襲うほどのエロいシーン。

モノローグで心理描写を語るのも良いです。

早乙女らぶちゃんも出ているのに、パンチラだけでHシーン無しかよ!と思っていたら、セル版にはHが収録されているんですね(最後にその告知が入ります)。

レンタル版には無し…がっくり。

収録されていたら、もっと点数上げたんですが…

えっ?

このメーカーだけなのかよくわかりませんが、普通タイトルメニューがあると、連続再生とチャプターがある。

この作品には本編スタートしか無い。

このシーンが見たいというのがすぐに出ない。

せっかく初美沙希の発情ぶりが良くてもこういう細かい気配りが無いのは評価は自然に低くせざるを得なかった。

ぜひ次回作を・・・

久々にいいなと思えるメーカーさんに出会えた!のですが、感想含め、次回の要望や改善希望箇所を・・・ストーリーは非常にいいです。

こういう設定待ってました!ですが、欲求を満たそうとするまだ人格の未熟なJKに対して、我慢ならん故、男にしてもらう!という設定は少し無理があるかも知れませんね。

折角マニアックな心理描写なのに、男が出てくると「ああ男女くっついて終わりか」と展開の予測がついてしまいがち。

折角の覚醒寸前の痴女JK設定なのだから、次回作は公衆トイレやビル裏など、オナニーシーンも多数録ると心理表現に幅がでてくると思います。

そしてオナニー説にあることですが、未成熟かつ痴女傾向にあるJKオナニー時は指でかき回したり全裸になったりすると性への目覚めが視聴者によく伝わりますよ。

バイブを出してしまうとやっぱりAVなんだなって現実に戻されてしまう感じがあります。

というわけで次回作に期待です。

イイ。

実際に生理前に発情するかどうかは別として、物語重視なシーンの連続の割にはしっかりエロくて良かったです。

ただ早乙女らぶ氏は一体何の為に存在していたのか・・・?セル版には出ていたという事ですがそれなら出演シーンそのものをカットしておいてもいいような。

そのあたり中途半端に思えました。

教師と面談しながら発情して教師を襲うシーンはどこかでプレイしてみたいですね(笑)しかし散々、教師とイタしておきながらラストはハッピーエンド。

お昼の連ドラかよ!と思いつつも。

何度か見てみたいと思いました。

良くなってきたぞ!

「映画館で…2」に続いて、改善が見られました!同級生に早乙女らぶさんを持ってきたところもよいし、初美さんだけじゃなく、らぶさんも変に作らず、学校の中という自然さがうまく表現できています。

でもまた惜しい点2つ。

電車でおっさんを誘惑するシーン。

画がチャチ過ぎ。

どうせハウススタジオのセットだから五十歩百歩だけど、たとえば立っている乗客をあいだに多めに入れて、その隙間から両者を撮る、このシーンの前後に本当の電車からの乗降を入れるなど、リアルに作りこんでほしかったなぁ。

制服が「映画館で…2」とほぼ同じ。

同時期の発売ですから、やはり変えてほしかった(これは個人の好みですが)いずれにしても、当初酷評していたあちきも良いと感じられるようになってきました。

あと少しです!

実にもったいない

発情して誘惑する・・・というわりには相手はハゲじじいと教師役の2人(しかも、どちらも個人的に嫌いな男優)だけだし、教師役と何度もするぐらいなら、別の人間を誘惑してほしかったなぁ。

好きなシーンは保健室での教師とカラミ。

途中から始まる短時間のシーンで、クライマックスあたりがずっと顔のアップで発射シーンもないんだけど、初美沙希ちゃんが一番かわいく見れました。

なので逆に後の図書館でのシーンがイマイチに思えてしまって、評価低めにしました。

あと、セル版の早乙女らぶちゃんのシーンも見たくなってしまいました。

本編はこちらから