【早乙女ルイ】リアル感 – 狂った肉体関係 早乙女ルイ

本編はこちらから

こうゆーの好き

帰りが遅くなったルイに怒った父親が言ったセリフ「この淫らな性欲がいけないんだな。

この性欲を私が満たしてあげればいいんだ。

」とか言ってる父親の指は既にルイのアソコに指が入っています(笑股間を映すカメラのアングルも良い感じです。

———————————————–仕事に出かけるルイの胸にエレキバンを盗聴器として胸に貼ったりリモコンバイブを装着させたり、やりたい放題の父親の元へ荷物が…母親「お父さん、そういえば速達で荷物が届いてたわ…」早速開ける父親。

中身は電マです。

しかも速達なんですね(笑電マ場面の冒頭、テーブル下からM字のルイを映すカメラアングルが非常に良いですね。

電マも登場したと思えば婚約者から電話も来る始末。

「M字電マ電話」が抜きどころです。

この作品では時々ぐっと来るカメラアングルがあるのでルイの体が魅力的に映されています。

ここのレビューはやらせなのかな?

全く興奮できませんでした。

若すぎるお父さんに感情移入できません!!

実父という設定

[女優]カラミの最中の表情や嫌がる素振りは素晴らしい。

どことなく大橋未久に似ていると思った。

[内容]実父が娘を●すという設定が私には合わなかった。

カラミ自体は悪くはないのですが。

ストーリー&シチューションが良い!

清潔感があって、ロリ顔でかわいい!早乙女ルイ清純な女の子の幸せそうな家庭が、父との近親相姦で。

ストーリーが良い家族の前で、ローター!婚約者の横でフェラなどシチュエーションが良い父からの調教されて、声を殺しながら耐えている表情が最高ストーリー&シチューションが非常に良く、妄想力を引き出してくれる作品!さすが。

アタッカーズ

悪くはないのだが・・・

確かに早乙女ルイの表情が良い。

展開も近親相姦の割りに暗さがない。

音楽の影響もあるが、ソフト好みの人でも見れる内容になっている。

ただ実父から犯●れた後、様々な性的な嫌がらせを受ける時、嫌がりながらも普通に受け入れてるシーンは違和感を覚えた。

「嫌!」と言いながらもリモバイを装着する時抵抗しない、裸で撮影されてる時手足が拘束されてないのに大人しく写真を撮られてるなど、もっと抵抗できるはずなのにしてないシーンはちょっとリアルに欠ける。

ただ抵抗しすぎるとただ泣き叫ぶ女を犯して終わり、というとても単調な内容になってしまうのだが、その辺りのバランスをもう少し何とかして欲しかった。

女優も感じている表情を出しているものの、それほど乱れているわけでもない。

もうちょっと恍惚の表情が欲しかった。

早乙女ルイの魅力

正直、アタの制作陣は早乙女ルイについて、思ってもいない掘り出し物を見つけた、と喜んでいるはずだ。

単体前作の「悲しみの母子」からさらに進化した彼女の犯●れ具合は期待を裏切らない。

彼女の屈辱の涙と、それによりさらに男のS心を掻き立てる彼女のエロい裸体を絶妙に映し出したカメラワークも含め、コストパフォーマンスが極めて高い作品である。

早乙女ルイよりも話題性の高い女優は、MUTEKIやSODを含め、これから何人も出るだろう。

しかし、案外、安定的に欲望を満たしてくれるのは、それらの女優たちよりも、早乙女ルイかもしれない。

是非シリーズ化してほしい作品です。

父親が、婚約までしている娘に手をだして、父と娘でいけない関係おもに父が強引にもっていく背徳感あふれる作品です。

カメラアングルが非常に上手いので、ドラマでも抜きどころ満載です。

この表情たまりません!!

別の作品で彼女のファンになった自分には当初「あれ?別人?」って思ってしまう程イメージが違いましたが視聴している内に完全に払拭、レ●プされている時の表情、仕草、悲鳴、すべてがそそります。

お勧めは最初に襲われるシーンでしょうか?凄いのはお父さん、この年代の娘を持っているとは思えない元気な息子さんもお持ちで・・・・見習わなくては(って!)。

レンタル版は相変わらずの再編集、端折り版なので一段階評価を下げましたがパッケージ裏写真にある顔射(良い感じで掛けられてます!!)は収録されてます、ご安心。

素晴らしい!

早乙女ルイのファンでなくても十分に楽しめます。

そのへんのヤラセたっぷりなレ●プものより良く出来てます。

彼女の持ち味が非常にいかされた良作品だと思います。

彼女には珍しく最後は中出しシーンもあります。

狂った親子関係

早乙女ルイちゃん、初見でした。

皆さんの高評価につられて購入して良かった。

ルイちゃんのファンになりました。

本当に耐える表情がいいです。

ただ眉間に皺を寄せてる演技ではなく感情が入っているように思いました。

近親相姦ではFAプロの作品をよく見ていますが、ルイちゃんのこの作品はそれらとは違うイヤイヤ感、精神的に凌●される感じが出ていて個人的には近親相姦モノではベストです。

耐えるシーンが良い。

喘ぎ声を出せない状況で、責められるシーンがよい。

特に電マで責められながらの携帯電話のシーンの表情が良く、つぼにはまった。

もっと長く責めて欲しかったが、作品全体として非常によい。

口を押さえながら悶えている早乙女ルイはいい。

今後、羞恥色の濃いM女の作品を期待したい。

ルイの表情がいい

早乙女ルイの夫や母親が出てくるが、彼らのセックスは描かず、ひとえにルイと父親のセックスのみを描いたことがこの作品を成功させた。

最後の終わり方がいい。

近親相姦、強●ですね。…喘ぎ、善がり、悶え、絶頂連続。

近親相姦、強●ですね。

皆さん凄評価。

AV演技としは、いいかも知れないが、全部お芝居ぶっているのが丸見え。

陵●ものはこの娘向きでないのでは?早乙女の名前を付け、清純派で売り出したはず、途中で急遽路線変更。

この作品のように淫乱、M、卑猥、猥婦、淫女の全てが表現されている…喘ぎ、善がり、悶え、絶頂連続。

誰もが確実にヌケル作品しかし、「舞ワイフ矢沢優歩」役の素晴らしい演技。

別人を演じています。

女優と中味の良い舞ワイフの中でも群を抜くその中でも日本美溢れた清楚そのもの素晴らしい若妻作品他に類を見ないほど感動するの素晴らしさ今時珍しい清潔なH新鮮みと、代替え女優なしでこちらの路線が良いのではと思います。

実父に犯●れるのに抵抗感あり

女優はかわいいし、体もエロいのだが、設定に入り込めない・・・実父に犯●れるというのは、どうしても感情移入できないのだ。

せめて義父にして欲しかった・・・なら観るなっていわれそうだ。

ごもっとも。

見る順番

舞ワイフを先に見てしまったので、ちょっと残念。

女優さん、スペック的には好きですが演技力をもっとつけて欲しいなぁ。

どこがどうってことではなくて、全体的に。

凌●プレイがとってもさまになっている女優さんなのは、皆さんのコメントと同じですね。

ストーリーの内容が、好きではなかったので「良い」までにしました。

本格近親レ●プ

最近、近親レ●プにも手を出してきたアタッカーズ。

「浣腸奴●凌●」でも姫咲りりあが実父に犯●れる役だったし、「哀しみのサイバーレ●プ」では心有花が実父に犯●れる役。

この作品でも父娘相姦でワンパターンとも言えるが、相姦のアブノーマルを組み込んできたというのはいい傾向。

中途半端に義理の父とかしないところはさすがアタッカーズ。

女優はルックスも申し分ないし演技も頑張ってる。

父親に犯●れながら母親に聞こえないように必死で声を殺す演技なんか最高。

最初はベッタリの顔射だが、最後はしっかり中出し。

アタッカーズが本気でこういうのを作るようになると、ぬるい作品しか作れない他のメーカーは撤退するしかないね。

早乙女ルイが不憫

あらゆる意味で中途半端な作品でした。

笑えてきてしまう程に緊張感のない演出が、諸悪の根源なのでしょう。

寝静まった一戸建ての居間や廊下で、あれ程声や物音を立てて、母親に聞こえないはずがありません。

食卓を囲んだ状態でのローターのモーター音は、なぜみんなスルーなの?イメージばかりが先行して、質的にも量的にも不足している男優沢木の責めに加えて、随所に織り込まれたホームドラマのおかげで、興奮は冷めていく一方でした。

早乙女ルイのスタイルや、感じたり拒んだ際の表情の変化は好みだっただけに、つくづく残念な想いしか残りませんでした。

ダメイヤ系の超新星

早乙女ルイは処女宮デビューだそうで、そちらのレビューは散々だが、路線変更(?)は大正解だ。

犯●れ顔がこれほど魅力的な女優はそうはいない。

そしてその肉体も、犯●れ向きなのである。

レ●プ物は概して乳が蔑ろにされがちだが、乳が犯●れ向きなのである。

アタッカーズといえば、オトメシリーズの田沼との対戦が非常に楽しみだが、人妻を演じる前に彼女には「清純が犯●れる」をもっともっと演じ続けてほしい。

早乙女ルイの演技が◎

早乙女ルイの耐える演技が非常にいい。

彼氏の寝てる横で父親にフェラを強要されるシーンが個人的には一番良かった。

他のレビューで書かれているように彼氏と電話をしながら父親に責められるシーンは非常に興奮したが、できればSEXされながら電話、声を出せず悶える・・・、といったシーンであれば最高だった。

SEXが中だしではなく顔射、お掃除の方が個人的には好きなので少し残念だったが、十分お薦めできる作品。

リアル感

リアル感があっていいのと、体が、色白で、普通にきれいなところがいい。

テレ*の女子アナに似ている。

本編はこちらから