【星りょう】ゴックンのために逆に抜けないシーンになった – スーパーデジタルモザイク中出しスペシャル 星りょう

本編はこちらから

モザイク。。。

本作はスーパーデジタルモザイクとして2007年8月発売オリジナルは2004年12月で当時星りょう氏は19歳?ファンには堪らない一作です。

誠にありがとうございました。

限られた期間の限られた作品ですが、この時の桃太郎は無謀な程に素晴らしい。

星りょう氏はこの時代の桃太郎の逸材だったはず…なのに結構手荒に扱われ…激薄作にも…契約なのか…単にドMなのか…本作のスーパーデジタルモザイクは美少女の秘部を余す事なく見せる極薄多くの作品は早送りで終わり、観かえす事など殆どないAVと云うジャンル本作は何度か観ています今回もまた…2016年秋冬以降のモザイク冬の時代がやがて終焉し、本作のような新作を毎月愉しみに待つ日が再びくる事を切に願う。

DVDにて鑑賞以上、完全主観の絶対評価にて早漏。

ダメ

なんか古い。

ぜんぜん抜けるとこがなし!!とにかくダメだね。

これぞスーパーモザイク

本当にギリギリのモザイクです。

想像力を非常に掻き立てられる最高の一品です。

星りょうは顔ヨシ、スタイルヨシ、演技ヨシ!でしょう。

限界モザイク驚異の文字まで冠するほどでは・・・

内容的には、何か追加されてるとかスペシャル映像がある訳でもなく従来の物とまったく同じなので評価はモザイクの掛かり具合一つという所、モザイクの範囲は確かに小さめにはなってますが、薄くは無いスーパーとか、驚異と付けるほどでは、最近の新基準モザイクの新作、もっと薄いのいくらでも有るしりょうちゃんのフェラ顔、口元や舌使いが良く見えるのが良いぐらい、元々Hのアングル引きの映像が多く指マンでも手のひらかぶせるようなやり方してるから、モザイク小さくてもほとんど効果が無いそれでもりょうちゃんのファンには嬉しい物だとは思うけど、私もその内の一人では有るけどあふれ出たソレをグラスに移し一気に飲み干す変態女・・・。

と作品紹介にもパケにも書かれてるけど嘘はいけません、りょうちゃんザーメン苦手で口の中に入れるのがやっと、全然飲んでません。

可愛くていじらしくせつない6発の膣内射精

1回目のセックスは3人の男に身体を弄り回され、3人に次々と輪●されるように中出しされます。

ゴムなしのおちんちんがおまんこからゆっくり取り出される様子がなんともいやらしいです。

精液は少量でおまんこがべとべとにはなりません。

2回目のセックスは1人の男と営まれます。

ここでも表情は悲しげで苦しそうです。

3回目は2人の男に連続して犯●れます。

1人目の男のおちんちんから発射された精液がおまんこの入り口をべとべとにします。

1人目が膣から抜け出るとすぐに2人目が挿入し彼のおちんちんを1人目の男の精液がつたって出てきます。

犯●れてるという感じが強くします。

体位をバックに変えて容赦なく突きまくります。

「もう許して」と小声でりょうちゃんが言ったように聞こえます。

最後の射精が終わったあと脱力感とせつなさが感じられ、6発の膣内射精は幕を閉じます。

りょうちゃん、ありがとう。

優しい男に愛されていてください。

限界か?

単純にモザイクが小さいだけ、濃さは変わらずなのは既出のとおり。

内容は原版とほぼ同じなので、星りょうちゃんの作品をコレクションしたいなら価格的に買いかも。

中出し・・・

Hは楽しく気持ちよく♪!?・・・DVD鑑賞ぢゃ~オレが中出し出来るわけではないので外出しでも中出しでも個人的には同じ・・・プレイうんぬんより星りょうが可愛いのでマル♪

好きです

どなたかの投稿のように手荒に扱われていて可哀そう。

でも、美形です。

お乳はサイボーグかと思われますが、美形なのでそれをカバーして余りあります。

何かりょうさんが感じていても、その切ない表情に己の感情が揺り動かされてしまいます。

それを乗り越えられれば、星5つの作品です。

確かに小さい

りょうちゃんの新たなパーツを知った感じ、全ての作品をスーパーデジタルモザイクで掘り起こして下さい。

モザイク自信ありの桃太郎がどこまで限界に挑戦するか期待!

オーソドックス

2004年に発売された「中出しスペシャル」のモザイクかけ直し版。

1コマ1コマ、性器の形に沿って丁寧にモザイクをかけています。

濃さについては十分に薄いのですが、あまり性器が浮き出てこなくてもどかしい。

冒頭の4Pが、凌●もの1本(前作「Slave&Master」)撮り終えた後に撮影されたからか、しんどそうだし男優も手荒でちょっと痛々しかったので、全編このテンションが続くようだと厳しいなと思っていたのですが、他のコーナーは別日の撮影なのか雰囲気が良くなってて良かったです。

1対1と3Pは浮きも沈みもなく淡々と前戯、フェラ、本番と進む感じです。

本番中は目をつむっていることが多くて、パッケージと別人?っていう感じになっちゃっていますが、それでもかわいいし肌もきれい。

スレンダーな体のラインも申し分なし。

収録順に4P、1対1、3Pの3本番、合計6中出し。

なお、パッケージ裏のコメントは盛りすぎ。

ザーメン飲めてないし、膣内カメラは鑑賞会どころかワイプで数秒使った程度。

屈辱の数々っていうのもね・・・

ゴックンのために逆に抜けないシーンになった

冒頭のインタビューが『陵●』の最後のインタビューと重なり、まとめて撮影したことをバラしている。

陵●より悶え方が少ないのは、陵●の撮影の疲れが残ったためかもしれない。

絡みシーンは基本的に3つである。

最初のシーンは4P3連発なのだが、1回ごとにしゃがんで、膣にスパーテルを突っ込んでブランデーグラスに精液を採取する、白けるカットが挿入された。

このため3連発ではなく、短くて抜けない3シーンになってしまった。

監督の頭も疲れのため鈍っているようだ。

後の他の2シーンは、星りょうが激しく悶え、見る者を非常に興奮させる上に、時間も10分以上あり、余裕を持って抜ける。

4P3連発崩れ17:30[3分半]トニー大木22:50[3分]坊主頭27:55[4分弱]小柄色黒男優54:10[12分]志良玉弾吾88:30[14分]3P2連発抜きどころ2シーンで☆2つ激しい悶えでボーナス+1点。

合計☆☆☆である。

本編はこちらから