【星野あかり】方向性は良いので次作に期待。 – 平然セックス 〜必死な僕と余裕の彼女〜

本編はこちらから

やりたいことは非常にわかるし共感する

いわゆるフェチものだけど無関心とは明らかに違う。

SEXにきちんと取り組んでいるという所が決定的に。

そのうえで男が自身のプライドにかけて腰を振って女をイカせようと頑張るっているのに余裕の表情を見せる女。

ここがこのコンセプトの肝の部分。

サブタイトルの「必死な僕と余裕の彼女」というところも監督の方向性が明確に示されているので好印象だった。

とにかく続編を見たい。

こういったフェチズムの理解が早く好演してくれる女優がいるはずだから、変に設定に凝らずに多くの女優を抜擢して欲しい。

応援の意味で購入した。

しつこいようだが続編を。

多くの女優で見てみたい。

中間の女子高生が素晴らしい

ときどき感じるけどほとんどなんにも感じないで援交おじさんと普通に日常会話してる感じ最高ですセックスについて認識していても日常会話するとか良過ぎるずっとアンアン言ってるよりときどき感じるぐらいがいい彼氏からの電話に挿入中の彼女が普通に話してる見て軽く嫉妬し腰を振り始めるおじさんそれを肩下ぐらいまで手のひらを見せて素早く挙げて叩くよとポーズを取って止める彼女w抜きどころではないがツボったw電話中にってのは見慣れてたがこのパターンは一瞬シュンって小さくなってしまったが逆に素晴らしい彼女の態度が演技よりも素の反応にみえてしまいなんか好きになってしまったそんな作品です

続編希望

三話オムニバス構成ですが星野あかりさん単体での続編を希望します。

星野さんは家政婦役で父子家庭の父親とのセックスを演じながら「坊ちゃんに一緒にお風呂に入ろうと頼まれている」や「坊ちゃんにマスターベーションの手伝いをお願いされているがいかがいたしましょう?」などの会話があり実際のセックスシーンよりもむしろそちらのシチュエーションを想像して激しく興奮してしまいました。

久しぶりに無機質な絶対服従セックスを堪能。

欲を言えば前戯までは丁寧な流れだったのですがフェラや挿入が唐突過ぎ。

せっかくなのでもう少しじっくりした展開の方が良かったと思いました。

かつて吉沢明歩の「家政婦はキタ」の無表情で行うフェラチオシーンで興奮しました。

「麗しのマネキン」シリーズも嫌いではないですが女性が嫌がるのではなく淡々と行う服従セックスをもっと作って欲しいです。

ただし死姦、昏●モノは反応が無さ過ぎて面白くありません。

方向性はいいと思う

睨まれレ●プといい、この作品と言い監督の方向性は間違ってないと感じる決してニッチ過ぎる題材ではないと思うあとは女優の質だが……ある程度の演技力が必要になってくるジャンルである以上どうしても見慣れた顔ぶれになってしまうのは仕方ないところか

方向性は良いので次作に期待。

最近増えてきた平然を装う系ジャンル。

ハードプレイと平然とした表情のギャップが大きいほど個人的には興奮出来るのだが、残念ながら今作でまともに見れたのは女子校生編のみ。

女子校生編はプレイ内容は普通だが、無表情から余裕顔・笑顔と表情豊かにハメられてる様子が良かった。

他は好みの問題だがシチュエーション的に淡々としており、表情も暗めで興奮出来なかった。

ジャンルの方向性としては非常に好みなので、次回作に期待を込めて☆3つ。

この手の作品にはぜひ、顔立ちが良く笑顔が可愛い女優を使って、可愛い子が笑顔のままハードにハメられたり手マンされている表情をカメラ目線でばっちり映して頂きたいところ。

次回作に期待しています。

本編はこちらから