【春原未来】いまひとつな内容 – レズ・オーガズム かすみ果穂 春原未来

本編はこちらから

ドキュメントとフィクションの境界

ホテルで暇を持て余し、アダルトチャンネルを視聴。

その時に出会った作品でした。

そして、初めて購入を決断した作品でした。

相手を想い、愛することを徹底している印象が強く、体と体を密着させるシーンは多いものの、共に快楽へと導くシーンは少ないように感じました。

想いの伝え方と受け取り方それぞれに相違があり、すれ違うお二人を見ていてもどかしかったです。

愛を表現することと伝えることの難しさは言わずもがなです。

愛と快楽を同時に求める、という理論も理解出来ます。

けれどそれを引き合いに出して性癖と結び付けるのは少々お門違いでは……?と感じてしまいました。

しかしながらそのちぐはぐなやり取りも気にならなくなる程の雰囲気作り。

何より他の方も仰っている通り、やらせ感を感じさせない言葉運びと仕草と会話に引き込まれました。

美しい女優さんと、愛しているから〇〇したい、という素直な欲求。

それを行動に移す勇気。

AVというより、ひとつの人間模様を見せられている錯覚に溺れられる素敵な作品でした。

私はこの作品が大好きです。

期待外れだね

上原亜衣に比べて本気度を感じなかった。

まあその程度の女優ってことで終了って感じ。

かすみ果歩自身この作品にあまり乗り気じゃなかったんじゃないのかな。

これはAV史に残る名作

ドキュメントの嫌いな方はご遠慮下さいお互いの気持ちがわからないもどかしさ?この二人はビビアンでレズ作品で共演してますそれからの二人の繋がりがありますね是非ご覧下さい?

そうだったのか

このオーガズムシリーズは、ドキュメンタリーだったのか・・・・なるほど真咲南朋監督の刺客、春原未来たいがいは、相手を圧倒して支配しまくりな感じのレズHになることが多いが、さすがベテランのかすみ果穂ぜんぜん屈せず、対等、それ以上に春原未来を追い込んじゃいます。

究極の愛を確かめ合うレズHのドキュメンタリーらしいので2人の世界観が半端なく、確かにエロさとはちょっと異なるかも・・・まぁ、それはいいんだが、ビンタとか噛んだりとか指を喉の奥まで突っ込みオエ~となりながら、泣いて苦しむプレイは、気持ちが昂るのかね?そこらへんのプレイは、たしかにエロさに欠けますね!でも、かすみ果穂と 春原未来なので、2人が本気でやっていると信じてます。

春原未来って

愛を感じるってことに何だかんだ理由を付けてるけど、単なるドMでハードな性癖を持ってるだけだよね。

性癖なんてのは、SだったりMだったりスカだったり、露出好きだったり人それぞれ。

それが好きという人もいれば、無理な人もいる。

上原亜衣のときもそうだったけど、その自分の性癖を愛だのなんだの言って押し付けても分かり合えるはずない。

自分がこうされると嬉しいからと相手もそうだと思い込んで、相手が違うと言ってんのに、聞く耳持たず「何で分かんないの?」と逆ギレして、その固定概念を譲ろうとしないからタチが悪い。

AV女優、エロに誇り持ってるってんなら、自分の性癖を愛のせいなんかにしないで、ドMの変態だということを素直に受け入れるべき。

だけど何だかんだ言って、ドキュメントもののAVでもヤラセが多いなか、この作品はヤラセ感がなくて好きです。

これが台本だったら、それはそれでスゴイですね。

レズ・オーガズム

私生活では、何年も、泣くことがなかった私が、しかもAVレズ作品で何度見てもわからないけど、泣いちゃうほど、私にとって、1番の作品です。

いまひとつな内容

魅力的な大女優ふたりのキャストが良かっただけにちょっと残念なプレイ内容だった。

互いの口に手を突っ込んでいるプレイ手○ンで攻めるプレイばかりで観ていて全然興奮しませんでした!もっとふたりの裸体が擦り合い密着し合う肉弾レズプレイを期待していただけにがっかりなレズ作品でした。

本編はこちらから