【春原未来】さすが春原。自由も最高 – 人妻調教日誌 プライドの高い女を最低なマゾ奴●に仕上げるまで 春原未来

本編はこちらから

大きな瞳でフェラ映えします。

いい女優さんが揃いました。

むっちりの二人がおそろいの首輪で3P調教されるチャプは最高です。

「私がochinchinいただいていてよろしいのですか」「私に入れてください」等セリフもよく演技もうまいです。

よだれを垂らしながらのイラマや後ろから挿入され自分で動くといった奉仕プレイ満載です。

大嫌いな男複数チャプ以外は自分のリアルプレイとオーバーラップして完璧なVでした。

痛めつけるのではなく主従関係を作っていく奴●プレイをしている人は多いと思います。

ご主人様+コンダクター+新人の3Pは同嗜好者の理想ではないでしょうか。

私も多頭飼してますが未熟者でなかなか3P4Pに展開できません。

このVは私の理想です。

これからも同等の女優のクオリティとプレイ内容のセンスで制作していただきたいです。

無理筋

結論的には、二人の女優を使いながら二人とも埋没したような形にしかなっていない。

内容も、最低のマゾ奴●に調教と言いながら、セ○○スがほとんどで何が最低なのかわからない。

奴●に奴●を調教させるなど、無理筋のシチュエーションが最後までたたっているのではないか。

恥辱の果ての悦楽

外交員の未来さんは訪れた家庭でその家の夫婦の全裸でのSMプレイを見てしまう。

とがめられて服を脱がされ、夫婦に辱められまたその写真を撮られてしまう。

無理に股を開かれてチンポを挿入され妻に笑われながらおかされまくり尻の上に射精される。

後日、夫婦に呼び出された未来さん。

夫婦の男友達も来ているなかで、自分の恥ずかしいスマホの写真を見せ付けられる。

妻に見られながら二人の男の玩具にされ恥辱にまみれながら弄ばれる。

ソファーの上でマングリ状態で指マンされ、妻にバイブを突っ込まれると堪らず大量に潮(オシッコ?)をもらすのが超エロ。

バックから突き上げられて思わず「気持いい・・」と口走り、妻に聞きとがめられます。

男の腰にバックで座り自分から腰をくねらせ始めた未来さん。

「むちゃくちゃにされるほうが気持いいです。

」(ああ、この刺激的なせりふで思わず抜いてしまいました。

)二人に串刺しにされ、髪を振り乱しよだれをたらしながら喘ぎまくり二人の精液を口で受けます。

ぼろぼろになりながら「こんなこといつまで続くんですか?」調教の日、全裸で首輪をつけられた未来さん。

嫌がりながらフェラを強要されます。

ところが妻が変わってしゃぶり始めるとその姿を切なそうに見つめるのです。

許されて二人でチンポにしゃぶりつき、促されて自分でマンコを剥き対面で男の顔の上に腰を沈めます。

自らビラビラを開き腰をくねらせながらたっぷりと時間をかけて、濡れそぼったマンコを舐めさせてイキまくる未来さんを見ながら、堪らなくなりまた抜いてしまいました。

僕の大好きな対面の顔騎です。

そしてそのまま後ろ向きになり69。

正常位でやられる妻の結合部を見せ付けられる未来さん。

その淫らな姿にオナニーします。

そして後ろに回って男の股の間から舌を伸ばして汁にまみれた結合部を舐めまわす卑猥な映像。

未来さんの理性は肉欲の悦び前にもろくも崩れ去り、快楽の波の中でのた打ち回るのです。

競うようにせがみながらかわるがわるチンポを迎え入れ喘ぎまわり最後は二人で口の中にネバネバのザーメンを受け止め、さらにペニスにしゃぶりつくのです。

汗と涎にまみれながら顔を紅潮させて喘ぎまくり全裸でイキ狂う未来さんの淫らな姿に何度チンポがひくついたことか? 愛液のむせ返る匂いが染み出してくるような濃密な作品にこちらもヘトヘトです。

シチュ最高

後半顔の上に座らされて自分のふともも押さえながらイクところが最高イクときイっちゃうなど言ってくれれば至高だったがまあこういう女がMの顔面騎乗自体少ない、というかほとんど見たことないから満足顔面騎乗のタグついてる作品は軒並みS女M男か女がノリノリのやつで全く琴線に触れないこういうのをパケ写とサンプル画像で探すの本当に苦労するのでタグの付け方変えて欲しい

さすが春原。自由も最高

女の子を責める春原も素敵だが、女の子から責められる春原も良い。

この作品では、年下のかなで自由から強めに苛められていて興奮した。

レ○プや3pされる春原を自由があざ笑いながら、男の補助をして甚振る。

春原は調教されて怒りながらも快感が忘れられなくなっていく。

フェ○チオの最中、自由にペ○スを奪われて悲しそうな顔になる春原に萌え。

色々な乱れ姿が楽しめます。

切なく悲しい表情がドラマ部分を盛り上げます。

まさにタイトル通り、プライドの高い女を苛めて調教して奴●に仕上げる作品です。

本編はこちらから