【春原未来】理性を忘れて喘ぎまくる美しさ – 催●調教エピソードZERO 女を狂わす淫薬実験 春原未来

本編はこちらから

さすがの演技力・・・だけど・・・

言うことを聞かせることのできる怪しい薬を摂取させ、インテリ研究者の春原未来を蹂躙していくという内容。

自我と洗脳で狼狽していく感じが嘘っぽくなく、洗脳・催●系がお好きな方、春原未来がお好きな方にはオススメの作品になっていますが、最後が謎のハッピーエンドになってしまいちょっと残念。

出来れば定番ですが、従順奴●エンドの方がしっくりかと。

ラストの40分くらいは救済セックスになっていて、洗脳・催●作品の醍醐味である蹂躙系ではないのでご注意を。

王道を外れたという意味では賛否が分かれるかと思います。

僕は好みではなかったのでこの評価です。

好きな女優です

春原未来さんのエロさが満載です。

もっともっとエロい作品を期待しています。

淫薬で乱れる3シーンそれぞれ濃厚な狂いっぷりを楽しめます!

ORGAから通算5本目となる春原未来主演作品。

淫薬=媚薬という単純なものではなく、3タイプに分かれて濃厚なエロさがたっぷり堪能できます。

パート1では後ろ手に自由を奪われたままM字開脚でオマ〇コとクリ〇リスを同時にバイブで刺激され悶絶、絶叫。

真下からのカメラアングルで未来さんのイキまくる顔がアップで写し出され興奮度は非常に高いです。

パート2では自分の意思に反して身体だけ先行で燃えていく様子が収録されています。

左手の指二本挿入したまま強烈なオ〇ニーを見せた後、バックで突かれ、手でパンパンお尻を叩かれながら「ありがとうございます!」とよだれ垂らしながら感じまくるシーンが最高過ぎます。

ここはかなり強烈なシーンの連続で未来さんの熱演が光っています。

パート3では両手で二本のチンチンをア〇ル舐め、この時に響く音がたまらないいやらしさ。

ラストはハッピーエンドで幸福感あふれるセックスとなります。

特典映像ではパッケージ撮影の様子が収録され、未来さんの凛とした美しさが楽しめます。

むむむ

操るとか、人間の壊れる姿に魅力を感じる私としては後半の普通のセックス見せられてゲンナリ。

もっとおかしく、狂って思い通りのセックス奴●になるのかと思ったんだけど。

微妙。

薬使った時の内容もパッとしなかった。

春原未来が好きならいいけど、この手のジャンル好きには正直需要はないです。

理性を忘れて喘ぎまくる美しさ

自分の父親が発明した怪しげな薬を注入され、相手の思うままに操られる未来ちゃん。

一番好きな場面は、PART2.男に「オマンコ」と言わされ思わず口を覆い「体の名称を正しく言っただけ」と言い訳します。

(オマンコは正式名称とは違うと思うけど・・笑)「全裸になれ」と言われ、急いで全ての服を脱ぎ捨てる。

意識に反して股をいっぱいに開きビラビラを開いてピンクの媚肉を晒します。

脚をソファーの背中にかけて指を突っ込みながら喘ぎまくる淫らな裸が逆光の中ですごく淫らで美しい。

ここは時々ズームアウトして男の姿も同画面に入れると、視姦されているのがよりリアルに感じられ見ているほうは2倍興奮します。

淫汁に濡れた指を咥えながらそのスケベな味に酔いしれる。

四つんばいでオナニーしている姿を後ろから見つめられ、尻をたたかれながらさらに性欲が高まり、男を裸にしてチンポにしゃぶりつくのです。

ソファーに寝そべりオナニーしながらフェラする姿がスケベすぎる。

僕も勃起したペニスをさすりながら見ていました。

一条さんは割りと好きな男優で冷酷な感じでこんな作品には良く似合うし、チンポも長くビンビンになるので、奥が感じる未来ちゃんはこれで根元まで突き上げられたら絶頂確実でしょう。

実際に「根元まで入れてください」と言ってます。

(彼女は別の作品で、撮影で不完全燃焼で終わったら、スタッフが片づけしている横でオナニーします。

と言ってました。

)自分が発する淫らな言葉(アドリブ?)でさらに興奮してソファーに座った男の上に跨り奥深く貫かれて腰をくねらせながら大声でヒーヒー喘ぎ演技そっちのけでイキまくっているのがはっきりわかります。

自分の穴に入っていたペニスをしゃぶりまくり口を離すとスーッとよだれが引くのが超エロ。

ソファーの背にもたれ脚をあげてヌルヌルのマンコをいっぱい剥き出しにしてズボズボ突きまくられて「アーアーアー」と絶叫しながらセックスに溺れる未来ちゃんを見ながら抜いてしまいました。

「春原未来の汗だく熱情ファック4本番」にこれのダイジェスト版が入っており、未来ちゃんが自分のSEXの場面を見ながらコメントしてくれます。

「私、声が大きくなるのでボリュームを下げてもらったほうがいいかも・・」などとかなりエロい。

未来ちゃんは「オルガ」でいい仕事をいっぱいしていますね。

本編はこちらから