【春原未来】臨場感ある演技 – 狙われた若妻 春原未来

本編はこちらから

バーチャルと現実世界,息をのむ臨場感があります!

バーチャルの世界で医師になった若妻が凌●されてしまう。

凌●されて抵抗する未来さんの演技は,本当のドラマみたいに臨場感があって,観ていて息を呑む感じでした。

この作品のテーマの一つに,バーチャルな世界の自分と現実世界の自分の間で揺れ動く気持ち(深層心理)にありました。

異次元で感じたことが現実世界にも残っている感覚や、2つの世界を行き来する中で感じる違和感,凌●される中で見せた…自分の心の中での葛藤,心の底では快楽を求めていたこと。

未来さんの迫真の演技はリアルで,観ていていろいろな気持ちにさせてくれました。

だから,最後の表情が印象的でした。

できれば,最後はパソコン業者に凌●されてしまうシーンではなく,バーチャルの医者として体験したことが忘れられなくて…旦那さんに求めていくシーンとか,若妻自ら快欲に目覚めていく感じの方が自然と興奮するのになあと思いました。

女優が良かったし、内容も凝っていた

演技が上手でエロさがあり最近気に入っている女優だ。

手の込んだ脚本になっていて終盤までは見ごたえがあった。

ただ終盤の内容がいまいちだったので、減点とした。

結局彼らは「この女とSEXしたいが為に」なら割に合わない(費用対効果)。

終盤での脚本をもう少し考えてほしかった。

バーチャルな世界で「淫乱な女」へと完全に仕上げて、現実の世界でも目覚めていくような脚本が良かったと感じた。

短いエロドラマ的な作品

バーチャルの世界で陵●されて、よがりながらイキまくるシーンが最高にエロい。

バーチャルの世界での異常な体験が忘れられず、それに対して抱く複雑な真情も上手に描かれておりちょっとしたエロドラマ級のクオリティがあります。

ただ、淫乱になった未来さんと犯●れいる未来さんが交互に出てくるので途中を飛ばしたりすると内容がわからなくなるので要注意。

レーティング 3+:ちょっと話に無理が

春原女史の主演作で期待しましたが、話の進行進展に無理があり、あまり乗れない作品でした。

秀逸です

きちんとした設定とシナリオがあり、ちょっとした短編映画のようなクオリティーで見応えがありました。

でも何と言っても、春原未来の演技力・キャラ・エロさがなければ成立しない。

暇を持て余した人妻が軽い気持ちで手を出したモニター体験が、やがて現実まで狂わせていく。

そんなサスペンス仕立ての構成とエロスの融合が素晴らしいです。

とにかく春原未来がエロい。

理性では抗いながらも、欲望に溺れて堕ちていく人妻を好演。

男達に組み敷かれて犯●れ「いやぁ~」と言いながらも足を開き腰を振る姿が、滑稽に映らないのは、春原未来が持つ資質のなせる技。

こんなに欲望に溺れる女を淫らに美しく魅せられるのは、彼女がやはり本質的に性に奔放で貪欲だからに他ならない。

秀逸です。

臨場感ある演技

凝った設定になっていますがドラマ性があり、未来ちゃんの演技が冴えてます。

特に、陵●される演技はピカ一ですね。

ク○ニされて身体をビクつかせて感じるシーンや、ネットリしたイラマは興奮モノ。

ただ、最後の絡みは、病的な放心状態ではなく、はじめからエロさを前面に出して激しく求める形の方がよかったと思いますね。

それを割り引いても、いい作品ではありましたが。

本編はこちらから