【春咲りょう】こういうドラマ作品が観たかった – 夫と子作りSEXをした後はいつも義父に中出しされ続けています…。 春咲りょう

本編はこちらから

チ○ポを選ばない春咲りょう

プレステのハード作品「エンドレスセックス」に出演経験がある春咲りょう。

鉄マンの持ち主なので,少々のAVでは根を上げません。

今回,マドンナに参戦して,ドラマ調のAVでエロさを見せます。

見た目,イケイケな感じは,私好みだし,旦那とのエッチはともかく,やはり,義父とのエッチシーンは,エロ強さを感じます。

この女,淡泊なエッチでは物足りないのは当然です。

生ハメからのオ○ンコ中出しぐらい感単にこなしてしまいます。

引き締まったボディーも素晴らしく,チ○ポを選ばない春咲りょう,今後もヤリまくってほしい。

義父とりょうちゃん、いぃですね!

義父との新生活のスタート、旦那との淡白な2回のイメージ絡み、義父の陶器を割った直後のりょうちゃんの演技がみずみずしくてそそります。

小沢のゴルフどたキャン直後、2人の淡白なエッチを目撃、小沢はりょうちゃんにイチャモンをつけ強●絡みへ笑 ここでの小沢の執拗な粘り腰ピストンは素晴らしい!褐色で健康的なりょうちゃんがオモチャにされてる感が興奮です!正常位からの中出し後、シャワーしながらの立ちバックへ連続で。

夫婦の営み後の、りょうちゃんのシャワーへも侵入し、イメージ絡み。

次のソファーでの小沢のクンニは素晴らしい。

『お父さん、入れてください。

』と哀願するりょうちゃんは完全に堕ちてしまっている。

それを無視して、手コキフェラからの舌上射。

りょうちゃん、ガッカリ。

夜には、旦那との淡白なエッチがすむやいなや、りょうちゃんから小沢のもとへ。

ここの絡みは素晴らしい。

やや暗めだが、許容範囲だ。

ここでも小沢の粘り腰炸裂。

中出しで終わりと思いきや、りょうちゃんからおかわりのおねだり笑 ここでのりょうちゃんの背面騎乗位での腰振りは興奮もの!健康的ボディが躍動する。

抜けます!小沢が、最後は素晴らしい正常位からの中出しで締めます笑 エピローグはちょっと旦那かわいそう泣

舞原聖に続いての作品

プレステージ専属だった春咲りょうがマドンナでエロを発揮する!舞原聖の作品と同様の流れですので説明は割愛します。

春咲りょうのおっぱいは美乳で乳首乳輪が茶で義父の激ピストンでイキまくる。

こんなシチュエーションは普通有り得ないが、両方とも中出ししているのでDNA検査でもしての演出が必要だったのでは?現実リアルを追求したドラマがあってもいいじゃない?

物足りない表情がよい

旦那の早漏SEXでの物足りない表情は、秀逸でした。

春咲りょうさん。

本シリーズに今までないタイプの若妻で、このシリーズの今後の可能性を示してくれました。

まだまだ、楽しめそうなシリーズです。

こういうドラマ作品が観たかった

これまでの作品のイメージから春咲りょうちゃんの人妻役というのはどうなんだろうと思っていましたが、こういう作品の設定の中に組み込まれると不思議とドラマシーンからすごく色っぽく艶っぽく見えて、むしろ人妻役こそりょうちゃんのはまり役だったのではと思えるくらいとても魅力的に感じました。

これまでMadonna作品は観たことがありませんでしたが、たぶんそのあたりの撮り方が上手いんだろうなあと思います。

ムーディーズでの前作「僕を助けてくれる幼なじみが~」で幼なじみ役だった男優が今作ではそのまま亭主役(しかもまたダメ男役)だったのでちょっと笑いましたが。

個人的なイメージとしてドラマものの作品というのは絡みシーンになるとどこかストーリーとは切り離されてしまっているようなことになるパターンが多いような気がするのですが、この作品でのストーリーの背景に準じてその熱量を持ったまま自然な絡みに突入していく流れは、その背徳感や官能的なエロさに感情移入して観ることができました。

1回の絡みが終わった直後にたたみかけるようにまた濃密な絡みが始まったりする雰囲気なども特にエロく感じました。

あと数作品のリリースで引退が決まっている春咲りょうちゃんですが、キカタンでこういう今までになかった役柄での本格的なドラマ作品を残してくれたことはファンとしては嬉しいです。

本編はこちらから