【春日部このは】VR向きに見えて実は全然ダメなデジタルアーク – 【VR】食い込みキャンギャル3DVR

本編はこちらから

画質が。。。

画質が、、最近のVR作品と比べると、かなり見劣りするように感じます。

惜しい、勿体無い

アングルとかは申し分無いのですが、最後に会話が途中で終わってしまっているのが残念でした。

ちょっと消化不良。

正直、もっと近づいて見せ付けてくれていいよ?

買ったらダメ

酷い。

100円でも買わない方がいいかと。

脚、尻、キャンギャル、全部好きなので買ってしまいましたが、止めておくことを強くオススメします。

ウーン

画質があまり良くなく最初の三分であきらめました。

ハイレグが好きなだけに残念。

VR向きに見えて実は全然ダメなデジタルアーク

VRが普及する前は、デジタルアークさんの作品をよく買っていました。

淫靡な照明にライト付き超広角カメラを使って女優さんをエロい角度で撮るのが上手く、没入感もありました。

VRが出てきたときはデジタルアークさんが撮れば絶対素晴らしい作品が誕生するだろうなと思いましたし、VRに参入したと聞いたときは胸が躍ったものです。

しかし、実際発売されたものは残念なものばかり…無駄に明るいところで被写体から遠すぎる作品が多い。

2D作品で積み上げてきたアングルの良さが全く出てこない。

デジタルアークさんのファンとしては非常にもどかしい。

スタッフ一同、デジタルアーク作品の特徴と良さをどうVR作品に落とし込むかしっかり検討して、本気の作品を作って「これぞデジタルアーク」とファンを唸らせて欲しいです。

本編はこちらから