【木下あげは】イイ感じの微乳が生かされていない – 家庭内凌●秘話 父と母の前で犯●れた娘 木下あげは

本編はこちらから

薄モザイクを探して・・・・

セールだったので久しぶりに『あげは』ちゃんを拝見ん~レ●プモノではありません。

普通に感じちゃってる部分もありますし、常に1対1でのからみ。

おっぱいも微乳で綺麗だし、足もお尻もデキモノも無く白くて綺麗。

ウエストは相変わらずありませんが、せっかくの素材を生かし切れていませんね。

もったいないです。

昔はロリ顔で可愛かったですが、少々ブサイクになってしまってるのが残念。

まーセールであれば、観てもいいんじゃないかな?微乳ファンであれば・・・・モザイクは後半、少しだけ頑張っています。

現実味がまるでない

木下あげはってだけで選んだのが失敗だった。

押しかけてきた借金取りのやってることがメチャクチャだわ言ってることに一貫性がないわ、家族の対応も危機感なさすぎだわで白けまくった。

この序盤の印象が悪すぎてぜんぜん入り込めず。

その借金取り役の男優がのべつまくなしに大声だしまくりでうるさい。

悪役性の強調を怒鳴ることでしか表現できないのはほんとイライラする。

そのぶん娘のキャラクター作りに手間かけてくれよ。

説明らしい説明もないまま拘束されちゃうから感情移入もへったくれもない。

しまったと監督確認したらやっぱり雷蔵だった。

まるで進歩がない。

単体メーカーならはオマケと割り切りれてもアタッカーズは凌●ドラマがウリなんだからこんな人もう起用しないでくれ。

イイ感じの微乳が生かされていない

二人組みの借金取りが自宅に押しかけて両親を拘束し、その前でレ●プ。

その後は、身体で謝金を返すことになり、借金取りに性技を指導をうけ、最後は借金をこさえて逃げた叔父が登場しレ●プ。

レ●プシーンは計2回と少ないし迫力不足で、アタッカーズとは思えないほどの不出来な内容。

女優さんは終始嫌々でのカラミだが、乳首はピンと立っている。

何故これを生かされないのか...。

本編はこちらから