【木下洋子】母親上京物語 もうひとつの母子交尾 木下洋子 – 母親上京物語 もうひとつの母子交尾 木下洋子

本編はこちらから

母親上京物語 もうひとつの母子交尾 木下洋子

パケ写を見ると「風俗上がり」では無いか?と思い、見たが矢張り「風俗」でしょうね。

従って絡みは形通りで、盛り上がりに欠け、長い長い1時間40分でした。

プロの女性の欠点は「型」に終始し、決して本気にはならないことです。

顕著な例は本気の接吻は避けます。

「身体」は商売上やむを得ないが、「接吻」は私生活上の旦那のものです。

この女性も台詞は喋るが、石像(俗に言うマグロ)のような絡みに終始してます。

相手役の男性には「本当にご苦労さんでした」と言いたい。

本編はこちらから