【本田岬】彼女の魅力が一杯!!  オススメ – 痴●レストラン2 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 本田岬

本編はこちらから

レストランでは、ほとんど絡んでいないのでは…

作りは「あなた…」だな。

特に新鮮味はないけど、本田岬は現役AV女優の中では有数の?nicebodyの持ち主。

上田昌宏、あまり見たことがないけど、デカ凸だな。

あんなのでpakopakoされたら、たまらないのでしょう。

1点オマケの「5」です。

シャワーシーンw

シャワーシーン無かったので星4つこれでまたシャワーシーンがあったら星3つか2つですよ^^シャワーシーンとか意味不明なんですが^^;男優さんと女優さんは良かったけど脚本というか演技というか、あんまり寝取られ感が感じられなかった描写が荒い何回か同じようなSEXするだけエロ漫画とかエロ小説とかもっと読んで取り入れて欲しい大分前にあった設定を使いまわすとかしてほしいですマンネリしすぎと思います

もったいない

せっかくナイスボディーの持ち主、岬嬢なのに全裸シーンが最後の数分のみ。

デカチン上田は良いのだが、挿入時やM字騎乗位時もずらしたブラを着けたままで全裸が拝めなかった。

やっぱり挿入前から全裸にして欲しい。

残念だが手放そう。

野外プレイ、羞恥プレイの魅力はイマイチ・・・

相変わらず無理のある場面設定であるが、もともと野外プレイや羞恥プレイ願望のある視聴者には魅力あるシリーズである。

「こんな女とこんなプレイしてみたい」と頭で描いていたことが、映像で再現されると、まさにアタリ!なのだが、そういう面で、本作は目新しいもの、刺激的な展開はなかった。

あとは女優の演技力と、それを引き出す演出にかかっているのだが、とにかく公衆の中での恥辱行為を強●されているのだから、一つのシーンに時間をかけ、まずは、その驚きの表情に始まり、周囲を気にしながら恥じらう姿、そして、次第にこみ上げる快感に戸惑いながら、理性を失っていく姿をじっくりと映像化して欲しい。

本田岬の肉感的な唇と豊満なカラダに免じて、今回はやや甘い評価とさせてもらうが、監督以下スタッフは、さらに視聴者が望んでいることに応える作品づくりに励んでもらいたい。

次回作に期待しよう・・・。

彼女の魅力が一杯!!  オススメ

この作品は、彼女の清楚さとプロポーションのよさが作品を支えている。

レストランでのエロシーンは、どきどき感を出すためだろう。

上の服が脱がされ、あらわになっていく肩と胸、スカートが少しずつめくり上げられて、あらわになっていく太ももと局部、官能的なセクシーさ・美しさに思わず見とれてしまう。

彼女が持っている上品さとカメラアングルのよさも効果的に出たのだろう。

壁にもたれてのシーンもいいのに、編集して早く流れていくのは、残念だ。

監督さんにお願いしたいのは、男達は本能で見ているので本能で作り上げて欲しい。

最後のシーンは、彼女が墜ちたもっと恥ずかしいシーンで終われば、さらに良くなっただろう。

しかし、オススメの作品である。

本編はこちらから