【松木さやか】芳賀芳太郎、良いじゃないか – かあちゃんへ 松木さやか

本編はこちらから

なんということだ

山田洋次作品みたいな垢抜けないタイトルと、冴えないパケ写に騙されてはいけない。

非常にハイレベルな母子相姦もの。

既婚の超マザコン男が嫁さんよりも実母を愛し、求めてしまうという設定。

実母役の松木は見かけは地味だが、セックスシーンは淫らでリアリティがある。

ただ、明らかな偽乳と内腿のやけど跡みたいなのは白ける。

最後にやってくる唯一の母子のカラミで、松木が白髪になっているのをマイナス評価するレビューがあったが、これはこれで歳月の流れを考慮した丁寧なつくりの表れと評価したい。

若干甘いが星五つ。

良かった

さやかさん、最高でした。

色白できれいな体してました。

ただ、息子との絡みでわざわざ髪を白くしなくても良かったと思います。

旦那とのセックスが良かった。

とうちゃん、母ちゃんって呼び合いながら昇天するのは興奮しました。

全て良いです

息子、旦那、御近所の方々、そして数年後、全ての営みが、それぞれ良いですね。

この女

エロイです。

確かに最後の母子シーンで髪を白く染める必要無かったと思います。

とにかくいい感じに熟れててお勧めです。

ストーリーが細かく丁寧な作品

この作品は丁寧に作ってあります。

役者が母と子だけではなく、父や嫁・近所のおっちゃんまで細かい。

ストーリーもきちんとしています。

そのかわり、嫁や父母のカラミもあるので、母子相姦に重点が置かれておらず、ややマイナス。

母子の交わりは、最後だけで物足りない。

そのカラミに発展するときのストーリーだけがやや腑に落ちない点があり、首をひねってしまった。

女優は、美人ではなく体もたるんでいるので、個人的にはOK。

松木さやかさんの、ファンになりました。

平凡なタイトルに騙されました。

松木さんて、凄くエロイ女優さんなんですね。

特に近所の二人のオジサンに責められるシーンの、松木さんのエロっぽさなんて最高でした。

この作品、私のような熟女ファンにとっては素晴らしい作品だったとおもいます。

芳賀芳太郎、良いじゃないか

名前は知っていたが中々の監督、メーカーもいいのかも、、、導入部の若夫婦のシーンはもっと短く(年増好みの俺の我が儘)、回想シーンはグー、特に主人公のさやかにオマンコといわせる脚本、カメラも美しい?役者も揃っていい演技、このチームの作品をもっと見てみたい、、と、思わせる出来。

本編はこちらから