【栗山香純】貧乳 – 公然わいせつ中出し 青姦調教された義母 栗山香純

本編はこちらから

緑に映える美身

父親が再婚し、義母「栗山香純」と暮らし始めた「翔太」(柏木純吉)。

帰宅し、見知らぬ男の手を引いて裏庭に向かう香純を目撃。

男と舌を絡めた香純は、地面に敷いた段ボールの上で胸を揉まれる。

ベージュの半袖セーターを脱がされて白いブラをしだかれる。

ブラを外されて乳首をつままれ、吸われる。

白地に紫の花柄のスカートをまくられて股間をさすられる。

ショーツに手を挿れられる。

ショーツを下ろされて指マン、即舐め。

陰茎や睾丸をしゃぶる。

後背位、騎乗位、前座位、正常位で中出し。

ソファで冷茶を飲む香純の向かいに、翔太は座る。

「どうしたの、翔太」「義母さん、今日は何してたの?」「今日? 別に何もしてないわよ」「そう?」と見つめる。

休日、和室で洗濯物を畳む香純に、「今日、父さんは……?」「今日はお仕事だけど……」「そう……今日はあの男の人、来ないの?」「え?」「僕らに内緒であの男の人と会ってるでしょう」「……」「なんで父さんがいるのに、あんなことするんだよ!」と襲い掛かる。

胸を揉み、白いキャミソールをたくしあげて水色のブラをしだく。

カップをはだけて乳首をつまみ、唇を奪う。

グレーのチェックのスカートをまくって尻を揉む。

ショーツを下ろして手マンしながら、乳首を吸い、即舐め、指マン。

イラマで口内射精。

ピンクの下着を着けた香純に手枷と猿轡をし、スチールの物置の中の肘掛け椅子に座らせて監禁。

扉を開け、猿轡と手枷を解いて自慰を強要。

ブラをはだけて乳を揉んだ香純は、M字開脚で股間をさする。

ブラとショーツを取ってマンズリ。

全裸の香純に首輪を嵌めた翔太は、四つ這いにして芝生の庭を引き回す。

段ボールの上で頭を撫でて、舌を絡める。

乳を揉み、乳首をつまみ、M字開脚で手マン。

立たせて指マン。

即尺させて、69。

正常位で犯して、後背位、立ちバック、対面騎乗位、背面騎乗位、杵担ぎ、屈曲位で突きまくる。

正常位で「あぁ義母さん、あぁ俺もうイキそう」「駄目、中は駄目」「あぁっ、あぁーっイクッ、あぁーっ、あっ」と膣内射精。

緑の庭をバックに香純さんのスレンダーな美身が映える。

毎月リリースされてきた作品がここ数か月途絶えているが、新作を熱望する。

とても残念な作品

「キスから始まる母と子の愛情」から大ファンになった香純さんの作品、期待して視聴しました。

結果は残念な仕上がりとなっています。

後妻の不貞から義息にいたぶられるというストーリーだが、キャスティング、脚本、演出、アングル全てが素人映画そのもの。

香純さんをダンボールを敷いただけの裏庭でやるなんて、ファンとしては許せない行為。

こんな作品をリリースするなんて、メーカの心理がわかりません。

最高の女優さんなので、他のメーカさんへの移籍をお願いします。

貧乳

栗山香純の貧乳はタマりませんネ。

これで完熟なんだから・・・,全裸で見せられたら,股間が反応してしまいます。

お顔も可愛い。

浮気がばれて,義息から野外露出調教される設定ですが,首輪をされたり,青姦されたりされるも従順。

しかも,オ○ンコ感じて喘いでしまうエロ女ぶり。

やはり,チ○ポ好きなのね。

最後は,オ○ンコ中出し。

基本,野外プレイの場合は,敷物なしで見せてほしいけど・・・,まあいいか。

本編はこちらから