【桐島綾子】秀作! – 息子の淫らな親孝行 桐島綾子

本編はこちらから

シリーズ化に期待

近親相姦の作品って、あっさり息子と関係をもってしまうものが多い中、本作は、息子と近親相姦に堕ちて行く母親の心の変化を割りと丁寧に描いていて、好感が持てる作品です。

今後のシリーズ化を期待します。

女優さんは、少し派手目の熟女らしい色気のある顔立ち、張りを失い少し垂れ気味ではあるものの、柔らかそうな大きな乳房、熟女特有のふっくらとした腰からお尻周り等、魅力的な女優さんです。

肌艶もあり、絡みもなかなか激しいですし、今後、熟女ものの作品への出演が楽しみな女優さんです。

お母さん役を好演

ちょっと厚手のお化粧がなんでかな?といった感じですが綾子さんのムチムチボディとお上品な仕草がたのしめます。

ストーリーも鉄板の近親●姦ものではずしません。

美人でむっちりした母親

息子「慎二」(長谷川克実)に反抗される「綾子」(桐島綾子)。

夫(蒲谷充造)が出張すると、昔慎二に貰ったお手伝い券を見せ、マッサージを頼む。

揉まれてまどろむが、太腿や尻をまさぐられ、キスされ、乳首や陰核を舐められ、指マン。

犯●れかけ、目覚めたふり。

退散する慎二。

寝室で自慰。

誕生日、浴室で背中を流され、乳や陰部をまさぐられる。

抗うが、唇を貪られ、乳首や陰核を舐められ、手マン。

寝室に逃げ込むが、哀願されて扉を開く。

乳首や陰核を舐められ、指マンされ、イラマ。

正常位で犯●れ、後背位、伸脚後背位、正常位で腹射。

誕生ケーキを食べる。

乳首や陰核を舐められ、指マンされ、フェラ抜き。

翌晩、夫にお帰りのキス。

慎二は家を飛び出す。

綾子は慎二を連れ戻し、お手伝い券を見せて「肩、揉んでくれる?」乳を揉まれ、舌を絡め、乳頭や陰茎をしゃぶり、69。

騎乗位、前座位、立ちバック、後背位、正常位で舌射、お掃除フェラ。

傑作と呼ぶにふさわしい

導入部は説明にあるとおり。

寝てしまった母を犯そうとするが母の寝返りにひるんで逃げ出す息子。

実は寝たふりしてて息子にレ●プされそうになったことに高ぶりを感じてしまう母。

孝行息子を演じて風呂掃除したから入れと母を風呂に入れ全裸の母を襲う息子と、寝室まで逃げながら結局逆らえない母。

母親への独占欲をむき出しにするが、父との仲は避けないと知り家を出ようとする息子との別れの近親相姦もよかったし、その後も一人暮らしを始めた息子のもとへ母がお手伝い券を持って抱かれに通うラストもよかった。

子供が親に贈るお手伝い券をエロに利用するというありそうでなかった脚本も演技もカラミも高評価。

今後は父親の前で母が息子に券を渡して近親相姦に誘う合図をするなど別演出でのシリーズ化も期待したい。

角度によって「雛〇あきこ」角度によって「に〇おかすみこ」

最近気になっている桐岡綾子さんは、角度によって「雛〇あきこ」角度によって「に〇おかすみこ」に似てますね。

性的感受性も高く、程よい肉付きも最高です。

演技力が低目なのは撮影時、まだデビューして間無しですし、今後精進すればソコソコのポジションに行けるのではと思います。

今作はマドンナ社にしては珍しい、2時間で本番が2回しか有りません。

なぜかマドンナ社は特定のテーマを扱った作品は本番の数が減る傾向に有りますね。

とは言え、綾子さんのエロさ満点の絡みが観られるので評価は下げませんけど。

どちらかと言うと綾子さんは「受け上手」な感じがします。

どうか突然引退と言う事にならない様にと願いたくなる女優さんですね。

グローバル社の「中出しソープ」にすでに出演されているので、今後はライトSM作品を観たくなりました。

ストーリーがいい

ストーリーがエロ行為の導線にきっちりなっていてとても満足できました。

桐島綾子さんもとても適役ですばらしかったです。

秀作!

桐島綾子さんは、いやらしい体つきといい、スケベな顔立ちといい、よがり声といい何をとっても現時点で最上位の女優さんです。

この女優さんの作品は、どれをとってもハズレがありません!とにかく、いやらしい母子モノです。

本編はこちらから