【桜一菜】本シリーズ、いつもながらの佳作 – 女子校生拉致監禁 VOL.25 [桜一菜]

本編はこちらから

いまいち・・

拉致監禁と書いてあるのに、なぜか女の子がいきなり気絶していて、拉致をされてしまってる所からスタートする・・・。

レ●プ物の拉致監禁と言うのは、襲われるまでの経緯、気絶のさせ方など、拉致されるまでの経緯が前半部分の一番ドキドキするシーンだと思うのだが、どうして女の子が気絶しているのかも解らないでスタートしてしまうのは、肉抜きの牛丼を食べてるみたいで、いまいちでした・・・。

立ちバック

泥水に汚れながらの立ちバックが印象的です。

このシリーズの中では平均的なハードさだと思いますが、過剰でないリアルな反応の良さが評価できると思います。

元N○K出演タレントの行き着いた先

「女子校生拉致監禁」シリーズの第25弾「桜一菜編」。

彼女が「元N○K出演タレント」であるという事実を知っているAVファンも最早少なくなった。

かつての「売れっ子単体女優」も、今では、インディーズのレ●プビデオの「被害者役の一人」である。

どんよりとした薄暗い映像の中で、無言で犯●れ、失禁して、生卵を投げつけられ、汚い地べたを這いつくばり、そして、また犯●れる。

ほとんどまともに顔も映らずに、ひたすらボロ雑巾のようにレ●プされている姿は、なんとも寂しいモノがある。

本シリーズ、いつもながらの佳作

『女子校生拉致監禁』シリーズのいつもどおりの展開の佳作。

ただ、本作は「悪戯」シーンの照明があまりに暗すぎる。

もちろん自然光のリアルさが、このシリーズの良さなのだが、本作の「悪戯」シーンは暗すぎた。

それ以外は特に注文なし!(ただし個人的に『女子校生拉致監禁』シリーズは「凌●」の章までしか観ない。

後半は毎回あまりに暴力的すぎて「萎える」からだ)
本編はこちらから