【桜井あゆ】ド変態のドM – 裏ドM〜私は本当はド変態マゾなんです。〜 桜井あゆ

本編はこちらから

求めていたモノ

声ガマン、オモチャ責め、クビ絞め軽めではあるが縛り、スパンキングにイラマチオソフトなSMの大半がこの一本に入っています

どこまでが素か演技か

私、プライベートはSですよ、と語る女優のM性を暴くという設定だが、普段からM役もこなす女優なんでじゃっかんの今さら感。

マゾをさらけ出す女優をどこまで素だと思えるかでこの作品が楽しめるかどうかが決まりそう。

全部いつも通りの演技でしょと切り捨てちゃうと身もふたもなくなる作品。

メニュー的には監督が沢庵ってことで脅迫スイートルーム系の定番プレイ。

あちらよりはわざとらしい演技臭さはないので、ドキュメント系としてはそんなに悪くない。

監督の着衣マニアっぷりと衣装センスの悪さはあいかわらずでそこは高い評価はできない。

女優のエロい犯●れっぷりで救われてる作品だろう。

同じ設定で真咲南朋あたりが撮っても面白かったかもしれない。

あゆちゃん

○脅迫スイートルーム系より、徐々に責めのペースを上げていく展開は良い。

イラマチオシーンはソフトユーザーとして程良かった。

やっぱり演技っぽいかなあ…。

個人的にはハマった

今さら見てのレビュー汗色々な役をやられているので、どMと言われてもなぁ。

的なことは思ったらAVなんて見る面白みはないと思う。

一つの作品として見るAV及び、AV女優を高評価です。

個人的なハマりポイントはちょうど良いスタイル。

またキャンキャンと耳障りにならない声が好きですね。

どM作品らしく、激しい、ご奉仕、中出し、拘束目隠し、おもちゃ、ぶっかけ、複数の有り有りで、一通りはあるので、純粋に見てても飽きない感じのテンポ、ボリュームだと感じました。

高評価ですが、一点不満があり、どM作品で肝心な、お願いを言わせるプレイ(ちん〇ください的なやつ)が、しっかり言わせてない。

そこはもっとねちっこくヤレよ!と思い、星を一つの減らして星4で評価しました。

ド変態のドM

ヤリマン,桜井あゆは,ド変態のドMです。

今までの数々のAVを見ていれば,当然わかるけど,エッチ無しでは生きていけない女なんです。

まず,強烈な目力のお顔だけでも興奮させるけど,貧乳&チョビマン毛のオ○ンコはチ○ポ仕様だし,エロの塊のようなボディー。

当然,潮噴きもする。

緊縛,目隠しなど,ドMプレイに興奮して,喘ぎまくるあゆ。

プレイがハードになればなるほど,本領発揮です。

AV女優,桜井あゆの底力を見た思いです。

本編はこちらから