【森沢かな(飯岡かなこ)】美聖女から美熟女へ – 秘書in… [脅迫スイートルーム] 森沢かな

本編はこちらから

女優、秘書設定は文句なしなんだが、、

相変わらずワンパターンな展開と、監督?男優?の小声でイケ、イケ、とか観ててイラっとくる。

ごめんなさい謝るのは秘書じゃなくオメーのほうだw

このオンナ、めちゃくちゃしたくなる…

ああ、やっぱりこの女優は容赦なく責められる姿が様になりますねぇ。

薄幸さと尖った感じが入り混じった顔立ちと、それが崩れて目を真っ赤にして耐える様子、そして堕ちて雌へと化すだらしないオンナの顔…設定上の秘書の顔はさておき、前半の涙ながらのイラマチオ後に尻を真っ赤にしながら男根を懇願する姿にまずは興奮!バック、騎乗位の激しいピストンで徐々にM性が露呈していくかのように口元に手を当てながら快感を享受している姿がヤバい!中盤以降も、前半を見たこちらのメチャメチャにしてやりたい願望がそのまま反映されたような様々な責めのオモチャとなりながら代わる代わる男根を突っ込まれ、その綺麗な白肌と頬を真っ赤に染めてイキ果てる様子は圧巻!ハードな責めに完堕ちしても崩れない美貌と、堕ちたが故に見せるギャップ、そしてセックス映えするカラダ…森沢かな、素晴らしい女優です。

森沢かなさんの 髪

森沢かなさんは短い髪より長い髪がよりきれいだと思います。

顔が長いので髪を短くすることは良くありません。

髪が長くなるほど、よりキレイが感じられます。

森沢かなさんのファンとして熱心に望んでいる。

ぴったりな配役

飯岡かなこ時代から好きだった森沢かなさん。

ついに脅迫スイートルームに登場で感無量!こんな綺麗な方が苦痛で顔を歪ませてる姿を見ると興奮します。

良かったです

新作をありがとうございます。

森沢かなさんは、ちょっとツンとした感じの近寄りがたい美人さんで、このシリーズにはぴったりでした。

まず最初はいつも通り、ソファで開脚させて2人で股間や胸をまさぐり攻めます。

パンスト股間越しにこする攻めもエロくてよかったです。

靴を脱がしてパンスト足裏も観れるようにしてくださり、ありがとうございました。

(このシリーズのストッキングは、タイツのようなタイプしかないので、つま先の三日月部分がより濃い色のストッキングも採用してもらえると嬉しいです)個人的には、15分~の開脚させパンスト足裏も観れ、感じている女優さんの顔も体も観れる状態で、手マンで責められ、首を振りながらイキ果てるのが一番良かったです。

(16分あたりから1人の男優さんが女優さんの足を持ってひっくり返し、男優さん自身の足を女優さんの股間の前に出すのはやめてほしかったです。

)次の32分12秒~の座りながらの激しいバックで、女優さんの顔をアップに近い状態で、「いっぱいお仕置きしてください」と言わされながら、果てるシーンも良かったです。

34分50秒~の背面騎乗で女優さんが上下に激しく動き、激しくイクのもエロくて良かったのですが、下からのアップが観づらかったので、過去作のvdd-042の三浦加奈さんの時のようにソファでの背面騎乗で、真正面から観れるとよかったです。

この過去作は手マンもバックでのシーンも観やすく良作でした。

後半の網タイツは、カチッとしたイメージの秘書っぽくなくなってしまうので、黒ストッキングで統一して頂くと嬉しいです。

ありがとうございました。

やはり森沢かな様なら絶対に秘書!

森沢かな様が秘書というだけで、あらぬ妄想に歯止めがかかりませんw 女医でもなくスチュワーデスでもなく、やはり森沢かな様なら絶対に秘書です。

凜としたCOOLビューティー、しなやかなスレンダーBODY、ヤラレまくってる姿はやはりGOODです。

特にビンタとスパンキングが多めで、真っ赤に染まる肌もエロかったです。

涙ボロボロ流しながら屈辱的SEXに身を投じていく様子は、ファンならずとも魅了されることでしょう!ただし残念ながら森沢かな様がドMだと充分分かっているせいもあり、意外性という意味では堕ちた後のギャップ感は薄目です。

演技力もある女優さんなので、せめて冒頭でもっと高飛車でイヤな女感を出してくれれば、もう少し見応えある作品に仕上がったのではないかと思います。

その点が残念なので一個マイナスしました。

でも気になる人は買ってOK、人気のロングランシリーズですし安定した完成度です。

徹底した攻め

小さく可愛らしいお顔,スレンダーボディ-の森沢かなをスイートルームで凌●します。

設定は秘書だけど,あまり関係なく,麻縄緊縛,拘束,玩具などで,徹底した攻め。

当然,苦痛に悶絶し,オ○ンコ感じて喘ぎイキしていますが,今までのAVでハードなプレイをこなしてきている女だし,ある程度のエロ強さがあって,見ていて興奮します。

勃起チ○ポに囲まれても負けていないと感じます。

お口もオ○ンコも男を喜ばせる穴,素晴らしい穴に性育していますね。

森沢かな,普通に抜けます。

美聖女から美熟女へ

形の良い乳房、うすべに色の乳曇、小さく控えめな乳首は、まるで無垢な処女のよう。

しかし、後ろ手に緊縛され、乳首にパキューム筒を付けられて、かなは猟奇責めの対象に堕ちる。

そのうえ、股間にバイブを挿入され、オトコどもの間を巡回しての強●フェラ。

こらえきれず、アクメに崩壊してしまうかな…。

美聖女から美熟女への変貌だ。

M字開脚に緊縛固定されたかなは、むき出しの秘所に、ローター、電マ、バイブの地獄責めを受ける。

声を立てることさえ禁じられ、悶絶するかな…。

しかし彼女は全てを受容する。

何度も絶頂に昇りつめ、その度に胴体を波打たせた。

この女優さん、いつかは引退するのだろうが、その墓標となる引退作は、どんなものになるのか。

かつての秀作「白い女獣」に匹敵する名作を期待したい。

そのラストシーンは、〇腸され、恍惚とした表情を浮かべて排〇する、というのはどうか。

本編はこちらから