【水城唯】こんなアナコンダになら、○○○を食べられてしまいたい。 – 亡き父も愛したわき乳。 水城唯

本編はこちらから

アイーンアヘ顔

なにこのタイトルと思ったらやっぱりバルタン。

E-BODYの「美術部の隠れ巨乳」に比べるとビッチな雰囲気で、かわいいメガネOLという感じではない。

粗めの網タイツ破りとか変則的な体位とか、エロそうなビジュアル要素はあるんですが、どうにもこの子の変顔寸前のアへ顔が……。

なんで顎出して下段の歯だけ見せるんでしょうか?そういう癖?このアイーンアヘ顔がどうにも相性良くないです。

こんなアナコンダになら、○○○を食べられてしまいたい。

今作は、GカップのおっぱいにGヒップ(ってなんすかね?笑)のお尻という、ムチムチ好きにはたまらないボディに注目が集まる水城唯ちゃんのコスプレ物。

しかし、彼女の魅力はそれだけにとどまらない。

パッケージには「アナコンダフェラ」のコピーも踊るように、その長い舌を活かしたフェラは必見。

アナコンダなんていう物騒な喩えとは裏腹に、とても愛おしそうにチュパチュパとかわいらしい音を立てて舐め咥える。

なんていうか、気だてのよさそうなその人柄がにじみ出ている。

パイズリフェラでは、自分自身が彼女の優しさに包み込まれてるような気分になって、もう、キュン死してしまいそう(笑)ぜひ、どちらかのメーカーさん、彼女の「ずっと見つめたまま淫語主観フェラ」的な作品、撮っていただけませんかね??
本編はこちらから