【水城唯】パケ写を見ると美しいけど、映像はちょい汚い – あの娘のオッパイ揉んだらどんな顔するだろう Case03美術部の隠れ巨乳 水城唯

本編はこちらから

やっぱりね

篠○愛に似ている子ってこの子だ。

もっとぽっちゃりしても良いけどねwとにかくエロいってことは伝わる。

やっぱり女優はエロくてなんぼでしょwってことで★4つ

ゆいぽんデビュー作!

めちゃくちゃ可愛い!デビュー作品ですな!冒頭から舐め回すキスシーンがたまりません!唯ちゃんの作品は片っ端から観てるけど、やっぱりエロい舌使いが売りですね!チンポの舐め方から男を狂わすテクを持ってる不思議な女の子!ただ、優等生な雰囲気を持ってる顔立ちなので、ロングスカートはありきたりすぎる。

ここはあえてスカートは短くニーハイソックスであって欲しかった!星4つですね!

篠〇愛ちゃん!!!!!

この柔らかそうな爆乳と小動物系の地味目ロリ系無垢なお顔!グラビアの〇崎愛ちゃんのHだと脳内変換し見ました!!!おっぱいを十二分に生かしたのナイスな作品です!顔に似合わずフェラ・パイズリテクが半端ナイ!

もしかしたらこんな青春もあったかも?と思わせてくれる佳作

本作は、「地味子」→「隠れ巨乳」という定番方程式に、「美術部」→「ヌードデッサン」→「エロい妄想」という、ニッチだけど一定の水脈を保った想像力を代入することによって得られた、佳作であると思います。

学生時代を思い返してみても、美術部というのは、所属する学生は極めて少人数で、活動を目にする機会もほとんどありませんでした。

それが「青春におけるIF」の妄想を育む土壌として、有効に機能していると感じます。

(もちろん、実際の美術部は、そんなことないと思いますが)メガネは全編通してつけています。

リボン、ソックス、ローファーもほとんどのシーンで着用したままです。

絵筆やパステル、キャンバスといった、美術部をイメージさせるアイテムも、しっかり盛り込まれています。

アングルや構図も当を得ています。

水城唯は、本作がデビュー作とのことです。

今後ますますの活躍を期待しています。

パケ写を見ると美しいけど、映像はちょい汚い

絵画のように美しいパケ写とお顔。

清楚なメガネっ子でおっぱいの盛り上がり方もすごい!……で、本編再生すると美術部っつーか、アニメ研究会みたいなオタク顔のぽちゃ女子が、なぜかあご側の下段の歯をよく見せる変顔寸前の表情であえいでる……。

おっぱいも割と普通レベル。

Jカップくらいに見えるパケ写ですが。

まあ、白咲ゆりとか好きだしこういうオタク女子みたいな顔のAV希少種は好きな方なのですが、太ももの肉割れやなぜか全身のそこらじゅうにあるアザが気になります。

特に最後の方の腋の下には驚愕。

余程の剛毛をカミソリで剃っているのか腋の下傷だらけ。

こういうのは見たくなかったなぁ……だから評価は低め。

本編はこちらから